ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 PUSH 光と闇の能力者

PUSH 光と闇の能力者
【制作年】2009年
【鑑賞】DVD
【制作国】アメリカ
【上映時間】111分
【原題】PUSH
【配給】東宝
【原作】- - - - -
【監督】ポール・マクギガン
【出演】クリス・エヴァンス / ダコタ・ファニング / カミーラ・ベル / クリフ・カーティス
     ジャイモン・フンスー / ジョエル・グレッチ


【あらすじ】
ムーバー(念動力)の能力を持つニック(クリス・エヴァンス)のもとに、ウォッチャー
(未来予知力)の能力を持つキャシー(ダコタ・ファニング)が現われる。キャシーは
キラ(カミーラ・ベル)という女性を探し出すことを手伝ってほしいと頼むが、彼らは
謎の政府機関“ディビジョン”が放った特殊能力者に命を狙われ始める。

ようは『HEROS』のような作品ですね、ただこの作品での超能力は基本的な超能
力の数種類をピックアップしており『X-MEN』とかみたいな特殊能力とは違うんで
すね、だから数種類の能力でも相性とかできてくるしその活用法で勝負が決まる
もちろん能力のレベルの差というのもあるけど、合衆国が超能力者を集めて同じ
能力者達を監視する組織ディビジョンに主人公達が対立するという内容でした
といっても実際にはそのディビジョンの実行部隊を率いるやつと対立してる感じ
に描かれています。
movie_03871.jpg

ディビジョン事態と対立しちゃうと国家レベルになっちゃうのでこの映画のように
こじんまりはしないでしょうね、舞台は香港で超能力バトルが繰り広げられますが
正直後半まで逃げ回ってるので地味です。
主人公ニックは念動力を持っていますが実はすごい能力で敵をなぎ倒すという
キャラではなく使いこなせていないまだ未熟な能力者なんですよね、その役に
超能力つながりなのか『ファンタスティック・フォー』のヒューマントーチだった
クリス・エヴァンスさんが演じていました。
今ではキャプテンアメリカですね・・・あれ、彼ってこんな役ばかり?
敵を操る能力を持つニックの恋人キラ役はカミーラ・ベルさんでした。
movie_03873.jpg

ちょっとふっくらしてしまい魅力が半減しているような気がします。顔に丸み帯
びているので特徴的な太い眉毛がかえって邪魔してますね、ほかにジェイモン
フンスーさんにクリフ・カーティスさんも出演していて意外と豪華メンバーだった
りします。
超音波能力を使う中国人兄妹の能力を使うときの顔が爆笑もので彼らの美人
な妹が同じ能力ではなく先読みの力で良かったというところですね
movie_03872.jpg

エンターテイメントとしては面白く見れた作品ではありますが
主人公が成長途中でありディビジョンとの抗争も現場指揮官を倒しただけに
過ぎないのであのラストの感じから行くとシリーズかしそうなはずですが・・・
現在でも続編は作られてないですね~
当時本国アメリカでもこけてるみたいなのでまあ続編はもうないでしょうね
movie_03874.jpg
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/3608-c48ad82e