ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 ペイチェック 消された記憶

ペイチェック 消された記憶
【制作年】2003年
【鑑賞】DVD
【制作国】アメリカ
【上映時間】118分
【原題】PAYCHECK
【配給】ユニバーサル・ピクチャーズ
【原作】フィリップ・K・ディック:著 『ペイチェック ディック作品集』
【監督】ジョン・ウー
【出演】ベン・アフレック / アーロン・エッカート / ユマ・サーマン / コルム・フィオール
     ポール・ジアマッティ / ジョー・モートン / マイケル・C・ホール


【あらすじ】
近未来。コンピュータ・エンジニアのマイケル(ベン・アフレック)は短期間で極秘
プロジェクトに属しては、その期間の記憶すべてを消し、高収入を得ていた。あ
る日、彼は親友(アーロン・エッカート)から100億円の報酬と3年分の記憶を抹
消する大仕事を頼まれる。

近未来を舞台にした記憶ものサスペンスですが近未来な感じがするのは
最初だけです。特にカーチェイスのシーンは未来な感じが全くしません
でもストーリーは面白かったです。
特に自分からおくられてきたアイテムを使って危機を脱出していくのなん
てゲームみたいで面白かった
movie_03889.jpg

一見何に使うのかわからないアイテムが時と場所によって意味をなす
というのは面白い設定だよね、ベン・アフレックの顔が相変わらず長いのは
良しとしましょう、人物的にはやはり脇役にポール・ジアマッティーが居るの
と居ないのでは大違いだね、相変わらずいい演技してますかれは原作者は
「マイノリティーレポート」と同じ人くSF界の巨匠フィリップ・K・ディックです
こちらのほうが面白いですね、記憶操作物は結構難しくなるけどこちらは至
って単純だったのでアクションにだけ注目してれば良かったって感じ深く考
えなくて良かったのはいいかんじで。
しかし主人公は3度も同じ女性を好きになったんだね、記憶を消されても同
じ女性に近寄るというのもおかしい物だ、でも記憶を消されてもと言うところ
が憎い演出だよね~
movie_03890.jpg



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね


ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/3630-a8f73485