ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【プレイ日記】 THhe Elder Scrolls Ⅴ SKYRIM PS4版 [闇の一党 - 大惨事の原因・帝国を倒すには]

game_03653.jpg
【メーカー】ベセスダ・ソフトワークス
【プラットフォーム】プレイステーション4
【メインキャラ】Nemurineko LV92
【クエスト】大惨事の原因・帝国を倒すには


【大惨事の原因】

いよいよ皇帝暗殺の下準備も終わりを迎えつつあります。皇帝の殺害方法は
毒ということで皇帝に毒を飲ませるためには料理に入れるのが一番そして
何の疑いもなく料理を食べるとしたらタムリエル1の美食家といわれる人物
しかしその正体は謎ときています。
皇帝の晩餐で腕を振るうことになっており美食家になりすまして暗殺を実行す
るという計画に落ち着きました
肝心の美食家の正体と彼が今どこに居るのかを知るために美食家の友人
マルカルスの厨房で働いているアントン・ヴィレインから聞き出したうえで殺す
というのが今回のクエストになります
クエストのボリュームとしては少ないですね、マルカルスの厨房は日中他の
料理人等がいるので深夜に来ると人気が無くてよいです
もちろん厨房のドアは閉めておきましょう、話しかけて脅せばあっさり正体と
現在の所在地を教えてくれるので後は殺すだけです
むごいですが暗殺集団のクエストですからね
game_04025.jpg

アントンから美食家の居場所を聞いたのでフィールドにある宿屋ナイトゲート
へ暗殺に向かいます。
昼間は桟橋に暗くなると宿屋の地下にいます。
殺した上に隠せばボーナスで【ナイトウィーバーのバンド】がもらえますよ
どちらの手段でも殺すこと自体は簡単です
ボーナス狙いの場合は隠すのが宿屋の地下よりも桟橋の方が楽です
湖に落とすだけですから、宿屋の地下ですと樽の裏まで引きずっていかない
といけないので時間が掛かります。
しかしオークって武闘派種族なのにウィンターホールド大学で司書をしている
かと思えば美食家がいたり凡庸性がたかいですね
さていよいよ皇帝暗殺の準備ができました
美食家から通行書を手に入れたのでアストリッドに報告に戻ります。



【帝国を倒すには】

いよいよ皇帝暗殺を実行します。ソリチュードに向かいマロ司令官に通行証を
提示します
アストリッドにもらった『ジャリの根』を混入する機会はこの後ですね
中に入ると厨房でジアーナという料理長が美食家のレシピを元に皇帝から要
望のあった料理を作っていました。
最初は配達人と勘違いして高飛車でしたが美食家だぞっていったら恐縮しま
くりでした
料理は感性まじかでジアーナから質問が数回ほど行われます
その後料理は完成しますが主人公が隠し味にこれを入れなさいと『ジャリの根』
を渡します
美食家だと信じ込んでいるので怪しみもせずにいれました
完成した料理を皇帝に出すためにジアーナの後ろをついて行きます
game_04027.jpg

皇帝が権利を行使してまずはワシからと毒味もせずにいきなり二口すすり昇天
先ほどの言動からもどうにも皇帝としての威厳がうかがえないただのじじいにし
か見えない、どちらにしても皇帝が死んだことで周りが騒ぎ出します
なぜか美食家たる主人公に攻撃を加えてきました。逃げ惑うジアーナ
あ~どうしよう、とか冷静になるのよとかなんか凄くかわいそうです
あげくに主人公がそばに行くと未だに美食家だと信じており後でサインをくださ
いとか言われちゃいます。
彼女の名誉を回復できれば良いのですが、そうなるとこちらの正体を明かさな
いといけません
game_04028.jpg

南側の出口からでるとなぜかマロ司令官が登場、アストリッドは万全の逃走ル
ートを確保しているといってましたが・・・
しかもマロ司令官の話で闇の一党の中に裏切り者が居るようです
主人公の暗殺を売った人間が居ます。代わりに闇の一党の存続を約束したとか
その誰かが売ったのはまさに主人公です。
主人公の命と引き替えにということらしいです。後丁寧にマロ司令官の息子を
殺したのが主人公だと言うことも知らせているという念の入れようです
誰田裏切ったのは!っていうかアストリッドだろって感じですね
彼女の闇の一党に対する愛着はシセロにたいする奸計からわかるように
異常ですからね、矛先が聞こえし者である主人公に変わっただけのような気が
します
もう腹いせにマロ司令官もろとも弓で射殺してやりました。
game_04029.jpg

いまごろ聖域は攻撃を受けている頃だという言葉が心配になり聖域に高速移
動しようとしましたができません、仕方が無くファルクリースから歩いて向かい
ます
聖域に近づいたところでクエストが終了し引き続き『デス・インカーネイト』が
始まりました。



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね


にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ


該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/3688-484aec3b