ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 教授のおかしな妄想殺人

教授のおかしな妄想殺人
【制作年】2015年
【鑑賞】Blu-ray
【制作国】アメリカ
【上映時間】95分
【原題】IRRATIONAL MAN
【配給】KADOKAWA
【原作】- - - - -
【監督】ウディ・アレン
【出演】ホアキン・フェニックス / エマ・ストーン / ホアキン・フェニックス
     パーカー・ポージー / ジェイミー・ブラックリー / ベッツィ・アイデム


【あらすじ】
アメリカ東部の大学。孤独で気力のない哲学科の教授エイブ(ホアキン・フェニッ
クス)は、ある日不快な判事についての話を聞く。自分がその判事を殺害すると
いう完全犯罪を妄想した途端、よどんでいた彼の人生は鮮やかに色づき始める。
一方、エイブのことが好きな教え子ジル(エマ・ストーン)は、教授が奇妙な殺人
妄想に夢中になっているとは知らず、恋心を募らせていくが……。

なんかブラックコメディーのわりには起伏がなく平坦でのっぺりした展開だなと思っ
たらウディ・アレン監督作品でした。
どうりで・・・哲学者教授が鬱で影のあるエイブに教え子のジルが恋をしてしまう
恋人が居ながら彼にまで家族にまでエイブがどうとか話回る始末でエイブに
つきまといエイブもそんな彼女を友達だという感覚で一緒に居るために周りはすっ
かり二人はできてるとバレバレにあまりの鬱っぷりに周りから引かれてしまう
エイブ、行動言動性欲のなさと目に見えて鬱って感じです
movie_03969.jpg

そんな彼に引かれたジルとリタ二人は方や恋人が方や夫がこのハーレムは何?
っていう感じです
そんなエイブはジルと一緒に食事をしていたダイナーで偶然後ろの席の男女が
検事のせいで元夫に子供の親権を取られると嘆いている声が聞こえ
あまりの検事の非道さにエイブは死ぬのを待ってちゃダメこんなクズは殺すべきだ
そうだ何の関わりもない自分が殺せば完全犯罪だと考えそこから彼の精神は高
揚感につつまれ鬱から急に脱却して行動的に明るくなり二人の女性との関係を
肉体的にも進展させていきます
movie_03970.jpg

タイトル的にこの妄想殺人でエイブが立ち直っていきハッピーエンドかと思いまし
たが本当に実行してしまい台無しに・・・
目撃者もなくうまく心臓発作に見せかけたかと思った矢先に司法解剖されてしまい
あっさり毒殺だと見抜かれ病死が一転殺人になり捜査が始まってしまいます
movie_03972.jpg

しかし自分との接点は一切無いので捜査の手は回ってこないと安心していましたが
あまりの高揚感にみんなに検事の悪口を言いふらしていたためにリタに
エイブ犯人説の仮説を立てられてしまう
急に心配になったジルはエイブの素行などを調べてしまいとうとう彼が犯人だと
分かってしまい・・・
movie_03971.jpg

設定的には面白いのだけど展開がのっぺりしていて非常に退屈、ホアキンさん
の魅力とエマ・ストーンの魅力が一切いかされていないわけで
最後はだろうねという感じ、アメリカでも評価が非常に悪かったようですけど
それもうなずける内容でした。



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね


ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/3696-72b03841