ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 メイド・イン・マンハッタン

メイド・イン・マンハッタン
【制作年】2002年
【鑑賞】DVD
【制作国】アメリカ
【上映時間】105分
【原題】MAID IN MANHATTAN
【配給】ソニー・ピクチャーズ
【原作】- - - - -
【監督】ウェイン・ワン
【出演】ジェニファー・ロペス / レイフ・ファインズ / スタンリー・トゥッチ
     ボブ・ホスキンス/ ナターシャ・リチャードソン


【あらすじ】
高級ホテルでメイドとして働くマリサ(ジェニファー・ロペス)は、宿泊客である下院議
員のクリス(レイフ・ファインズ)と知り合う。だがクリスはマリサをホテルに泊まるリッ
チな女性だと勘違いしていた。

私は基本的にラブ・コメは好きなんです。ジェニファー・ロペスと言えば「ウェディ
ング・プランナー」を思い出しますね、まあ最近再見してるからだけど
絵に描いたようなシンデレラストーリーですが、最初からやり手のメイドというの
がちょっと出来すぎだなってきもします
それでもマリサがレイフ・ファインズ演じる下院議員のクリスに誤解された
ままで実直で美人名マリサに一発で本気の恋をしてしまい、引くマリサに押しの
クリスと二人のやりとりが面白かったです。
movie_04015.jpg

二人の鍵となるのがマリサの息子のタイで彼はすぐにクリスの人の良さを見抜
き彼とお母さんをくっつけようとします。
レイフ・ファインズのさわやかな演技がこの映画の魅力を上げてると思いますね
彼のさわやかな表情が良いです。
この作品の前は「レッド・ドラゴン」「スパイダー」とかなり陰のある役をみてたの
で初見の時は役の高低差にビックリしたものです。
やはり良い俳優というのは表情で演技する物だなと痛感しました。
movie_04012.jpg

また。登場人物たちが個性がありヒロインを取り巻く環境がとにかくほのぼのと
していて執事の人や同僚たちと心の温かい人たちばかりです。
先の読める作品だけどラブコメというのはわかりやすくないと駄目だと思う、そう
いう意味でもこの作品は評価できるんじゃないかなって思います
ただ不注意とはいえマリサが演じた本物のキャロラインがかわいそうですね
キャラ的にちょっとう~んという人物ですが彼女は被害者ですしね~
movie_04014.jpg

もちろん絵に描いたようなシンデレラストーリーですが今はかえって絵に描いたよ
うな作品の方が安心できる気がしますね~
もちろんこの作品は女性向けだと感じました。男性の方が見ても共感はできない
と思われます。
movie_04013.jpg



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね


ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/3728-8b567e82