ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【プレイ日記】 THhe Elder Scrolls Ⅴ PS4版 SKYRIM探訪記 [ドーンガード 08]

game_04593.jpg
【メーカー】ベセスダ・ソフトワークス
【プラットフォーム】プレイステーション4
【メインキャラ】ブレントン族 LV63
【クエスト】巻物の偵察・残響を追って


『予言者』終了後2つの星霜の書を探すことになりますが2つのクエストが開始さ
れます。
星霜の書(竜)を見つけるためのクエストが『巻物の偵察』になります
メインクエストを進めている段階ですと進行度によってはもう手に入っており
ウィンターフォールド大学の図書室の管理人のウラッグ・グロ・シューブに
売っているかもしれません、その際は事情を話して買い戻さないといけません
そこまで進んでいない場合はウラッグ・グロ・シューブに星霜の書の情報を聞き
出して取りに行きます
こちらはデイドラクエストと連動します。
ウィンターホーづをに行く時間を短縮して直接『セプティマス・シグナスの隠れ家』
に向かいセプティマスと会話することでデイドラクエスト『霊魂の確認』
が開始されますよいずれにしても星霜の書(竜)はこのデイドラクエストを完了さ
せないと手に入りません・・・
『巻物の偵察』じたいは『セプティマス・シグナスの隠れ家』を発見し中に入り
セプティマスと最初の会話をした時点で終了する短いクエストだったりします。
game_04594.jpg



【残響を追って】

セプティマスにあってデイドラクエスト『霊魂の確認』を完了させ星霜の書(竜)
が手に入りました。
あとはセラーナさんのお母さんから星霜の書(血)をもらいに行くだけです
セラーナさんが言っていた中庭に向かうためにヴァルキハルト城海岸を西から
回り込むと画像の場所にたどり着きます。
中もそうですが敵はスケルトンの上位版になり魔法使いのスケルトンもいるの
で注意してください
game_04626.jpg

中庭に出るまではたいした仕掛けもなくすんなり進めますよ、ここからが本番と
いうところでしょうか
中庭では中央のオブジェに仕掛けがあるはずと言うことでまずは欠けている
クレスタを3つ集めてはめ込みます
場所は画像の場所になります。はめる際はあいている場所に近づくと対応する
クレスタを選ばなくてもセットしてくれます。
game_04627.jpg

game_04628.jpg game_04629.jpg game_04630.jpg game_04631.jpg game_04632.jpg game_04633.jpg

クレストを全部セットしたらオブジェの周りにらせん階段が現れます。
らせん階段を降りていきます。敵の種類は同じですがちょっとわかりにくい
扉の仕掛けがあります
game_04634.jpg

鎖がわかりやす場所とわかりにくい場所があるので注意ですね、最後の隠し扉
を開けるのは壁についている燭台になります。
これがわからなくて先に進める扉を探し回り時間をロスしました
game_04635.jpg game_04636.jpg

隠し扉を開けて奥に進むと目的であるセラーナのお母さんの隠し部屋に到着しま
す。
この設備は錬金術的に凄いらしくてこの様子を見ると錬金術の一歩先に進んだ
死霊術を研究していたのではと、それで何を?
とにかくお母さんの手がかりを探すために日記を探そうと言うことにになりました
もちろん日記なので本棚を探してみるとビンゴでした。
お母さんは死者がたどり着く場所ソウル・ケルンにいるみたいエスね、この研究も
ソウル・ケルンに行くための物だったようです。
game_04637.jpg game_04638.jpg

星霜の書を持って行ってるはずなので主人公達もソウル・ケルンに向かおうとし
ますがどういった方法で行けばいいのかわかりません、セラーナさんは日記を
読み代用品で入り口を開くことにします
素材は3でこの研究室内にあるので探しましょう
game_04639.jpg

画像の場所にそれぞれの素材がありますよ・・・
game_04640.jpggame_04641.jpg

game_04642.jpg game_04643.jpg

game_04644.jpg game_04645.jpg

材料を集めてセラーナさんに話しかけると儀式を開始してソウルケルンへの
入り口が開きます
この際ドーンガードルートですと中には入れず戻ります。
死人でなくてはいけないわけで定命の者ではダメと言うことでセラーナさんに
噛まれないとは入れません、今回は吸血鬼ルートですので普通に通れました
ここでクエストは完了になります。



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね


にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ


該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/3785-382af654