ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 ブラックサイト

ブラックサイト
【制作年】2008年
【鑑賞】DVD
【制作国】アメリカ
【上映時間】100分
【原題】UNTRACEABLE
【配給】ソニー・ピクチャーズ
【原作】- - - - -
【監督】グレゴリー・ホブリット
【出演】ダイアン・レイン / コリン・ハンクス / ビリー・バーク / ジョセフ・クロス
    メアリー・ベス・ハート / ピーター・ルイス / タイロン・ジョルダーノ


【あらすじ】
競技場近くの駐車場で誘拐された男が、ウェブサイト「Kill with me」上で公開殺
害された。画面上に掲示されるアクセス数のカウントとともに薬物が増量され
じわじわと死に至る状況を刻一刻と中継するという残忍な犯行だった。FBIネッ
ト犯罪捜査官のジェニファー(ダイアン・レイン)が捜査を開始するも、第二の犯
行が実行され……。

この作品はネット犯罪を題材にした作品で実際に起こりうるかもしれない作品です
ね、ネット犯罪といってもいろいろあるけどこの作品はネットで人を殺すのをライブ
映像として流ししかもアクセス数が増えるほど死が早まるという仕掛けをしていて
FBIのネット犯罪を担当してる主人公との頭脳戦がおもしろかったです。
パソコンとネットに関してかなりの知識を持つ犯人FBIはそんな犯人を特定できず
に犯行を止められず犠牲者も救えない状況でとうとう主人公の同僚も犠牲になり
最後には主人公自身も捕まってしまうのでした
movie_04108.jpg

主人公を演じるのはダイアン・レインさんでFBIネット犯罪捜査官ジェニファーを
演じています
犯人の殺害方法は凝っていました。「SAW」ほどではないけどその仕掛けもいろい
ろです。
犯人の目的は何なのか・・・でもそれは中盤ぐらいですぐわかるけど
いっちゃえば犯人の顔出しは早いです・・・あっさり顔出して犯行動機までバレちゃ
って中盤までは凄くいい感じだったのでそれで台無しになりました。
movie_04106.jpg

後半はサスペンス作品のパターンで結局主人公が
ターゲットになり捕まるがあっさり仕掛けをといて犯人に逆襲そして射殺という
全く盛り上がらないラストでした。
カメラにfbiのバッチを見せておしまい・・・いろいろ消化不良な部分もありますけど

ジェニファーとボックス刑事の関係とか、なんだかお互い深く付き合わないように
気を遣っていながらなにげに意識しているという演出でしたが
同僚のグリフィンを演じたのはトム・ハンクスの息子のコリン・ハンクスさんです
お父さんのデビュー当時の顔の面影がありますね
movie_04107.jpg

動画を見なければ死ぬことがないのに面白半分に何人も犠牲者が出ても
観覧者が増加していき犠牲者の死も早くなっていくというのが皮肉な演出ですね
犯人も言ってました。見なけりゃただの水だよって・・・・
movie_04109.jpg



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね


ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/3793-c357918e