ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 アナベル 死霊館の人形

movie_04162.jpg
【制作年】2014年
【鑑賞】DVD
【制作国】アメリカ
【上映時間】99分
【原題】ANNABELLE
【配給】ワーナー・ブラザーズ
【原作】- - - - -
【監督】ジョン・R・レオネッティ
【出演】アナベル・ウォーリス / ウォード・ホートン / アルフレ・ウッダード
    トニー・アメンドーラ / ケリー・オマリー / ブライアン・ホウ


【あらすじ】
出産が近いミア(アナベル・ウォーリス)は、真っ白なウエディングドレスを着た美し
いビンテージ人形を夫ジョン(ウォード・ホートン)からプレゼントされる。ある夜、
二人はカルト集団の男女の襲撃を受け辛くも命は取り留めるが、人形に恐ろしい
呪いがかけられてしまう。 やがて、待望の子供が生まれ二人は新生活をスタート
させるが、人形をめぐり次々と不可解な現象が起こり……。

シリーズ1作目『死霊館』のオープニングで語られていた『アナベル人形』の看護学
生たちの手元にくるまでを描いたスピンオフ作品になります
この作品ではアナベル人形がなぜ強い霊障を発揮するのかその理由に迫ってい
ます。
最初はただの人形でしたが悪魔崇拝のカルト教団の殺人鬼がミアを襲った際に
人形に対して悪魔を降ろして自殺してしまいます。
霊障ではなく悪魔の仕業でした。
movie_04171.jpg

チャッキーのように自分が動き回って犠牲者を出しているのではなく人を操って
いたんですね~
ミアがそれに気がつくまでだいぶん掛かってしまうのが何とものんきだなって思
いました。
それにしてもこんな不気味な人形よく買うよなって思う・・・
あちらの人形って基本リアルで不気味だよね、まあ日本人形も十分不気味です
けど・・・髪が伸びるだけですからまだましかな
movie_04172.jpg

ホラーとしては比較的心霊現象がメインですので『エクソシスト』的な怖さもない
ですしチャッキーのような惨い死体が出るわけではないのが残念と言えば残念
かも1作目を見ている人にはお勧めかもしれませんね~
ウォーレン夫妻が関わっていないので彼女たちは登場しません、自力で解決
するようになっています
movie_04173.jpg

さてもちろんこのアナベル人形も実話で呪われたアナベル人形として有名なよう
です
実際ウォーレン夫妻のオカルト博物館に展示してあるそうで実話の方も
死霊館のオープニングで語られているとおりだったようです
ただ実際の人形はとても呪われてるとは思えない可愛らしいものですが
movie_04174.jpg



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね


ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/3814-79b0c3da