ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 ダ・ヴィンチ・コード

ダ・ヴィンチ・コード
【制作年】2006年
【鑑賞】DVD
【制作国】アメリカ
【上映時間】146分
【原題】THE DA VINCI CODE
【配給】ソニー・ピクチャーズ
【原作】ダン・ブラウン:著 『ダ・ヴィンチ・コード』
【監督】ロン・ハワード
【出演】トム・ハンクス / オドレイ・トトゥ / イアン・マッケラン / アルフレッド・モリナ
    ジャン・レノ/ ポール・ベタニー / ユルゲン・プロフノウ


【あらすじ】
ルーヴル美術館の館長の死体が発見され、周りには不可解な暗号が残されてい
た。暗号の中には館長がその日、会うことになっていたハーヴァード大学のラング
ドン(トム・ハンクス)の名前が含まれ、疑いを掛けられたラングドンは現場に呼び
出されるのだった。

ダン・ブラウン氏の代表作ロバート・ラングドンシリーズのシリーズ2作目に当たる
『ダ・ヴィンチ・コード』の映画化になります。
ロバート役にトム・ハンクスさんヒロインにオドレイ・トトゥさんが演じていますよ
原作はよりダ・ヴィンチが秘めた謎について追究していくミステリー要素が強く
うんちも豊富でしたが映画化に当たりミステリー要素を残しつつ少しアクションを
増やしてる感じがします
そもそも原作のボリュームを2時間で表現するのは無理なので仕方がないことで
はありますが
内容は宗教と国世界的にももっとも大きく影響力のあるキリスト教が題材になっ
ていることもありかなり大事になったようですね、フィクション作品なのに
「この小説における芸術作品、建築物、文書、秘密儀式に関する記述は、すべて
事実に基づいている」と記述したせいでカトリック教会の教義に深く関わる部分
についての訂正など・・・確かにデリケートな題材で読んだときにこれ大丈夫?
と思ったものですがこうして映画化されたと言うことは原作者と教会の間で
何らかの妥協案があったのかなと思います。
映画的には142分はやはり長いですね、2時間以内に納めろというのは難しい
話なので仕方がないけれど
暗殺者シラスがすぐに顔出ししちゃってその点ちょっと残念でした



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね


ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/3826-36d23cf4