ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
2

【MOVIE】 デッド・サイレンス

デッド・サイレンス
【制作年】2007年
【鑑賞】DVD
【制作国】アメリカ
【上映時間】89分
【原題】DEAD SILENCE
【配給】ユニバーサル・ピクチャーズ
【原作】- - - - -
【監督】ジェームズ・ワン
【出演】ライアン・クワンテン / アンバー・ヴァレッタ / ドニー・ウォールバーグ
    ボブ・ガントン / マイケル・フェアマン / ジョーン・ヘニー / ローラ・レーガン


【あらすじ】
ジェイミー(ライアン・クワンテン)とリサ(ローラ・リーガン)夫婦の元に差出人不明
の小包が届く。開けてみると、そこには腹話術人形が入っていた。人形を部屋の
片隅に置き、ひとりで外出したジェイミー。その間、部屋に残った妻は舌を抜かれ
死亡していた。ジェイミーは腹話術人形と妻の死につながりがあると直感するが

この作品は昔死んだ腹話術師の復讐を描いたホラー作品で主人公の叔父が
幼い頃に有名な腹話術師にちゃちをいれた後行方不明に、彼をさらったのは
腹話術師だと彼の一族が総出で彼女を襲い舌を切り取り殺しました。
しかし蘇った彼女は人形に宿るという力を使って一族を根絶やしにしようとす
るのでした。
movie_04250.jpg

予告などでは不気味な人形がメインのようでてっきりチャッキータイプのホラ
ー作品だと思ってたけどどちらかというと原因追及タイプの作品で犠牲者が
大勢出てビジュアル的にきついシーンもたくさんというタイプの作品ではなか
ったです。
独特の雰囲気があって怖さはあるのだけど、お父さんを演じたボブ・ガ
ントの演技は見事としか言いようがなかったですね、最後のオチを考え
るとそのすばらしさが分かりますよ、ただメイクと奥さんの立ち位置を
考えるとあっさり見抜けるけど・・・一つの可能性として考えておくことは可能
です。
movie_04252.jpg

でも奥さんの正体は見抜けなかったかな~叫んだら襲われる叫ばなけれ
ば怖いだけ、刑事役のドニーさんがもったいなかったかな、彼だけおちゃらけ
てたのがしっくりこなかったかも・・・
だたら最後まで生き残らなきゃ
movie_04251.jpg



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね


ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

ななこ says..."観てみます!"
ねむりねこさん、おはようございます!

この作品、Netflixで配信されているのですぐに観られそうです(・∀・)
さりげなくジェームズ・ワン監督だったのですね!
こういう不気味な人形物って好きですね、どういうオチになるのか興味津々です。
是非鑑賞してみたいと思います〜^^
先日観た『ザ・ボーイ~人形少年の館~』というのも雰囲気があって面白かったです。
2017.03.26 07:02 | URL | #- [edit]
ねむりねこ says..."ななこさん今晩は~"
この作品は直接的に襲ってくるタイプのホラー作品でハリウッドらしいホラー
という感じです。
刑事役のドニー・ウォルバーグさんがいい味出しています
多少きついシーンもありますが全体的に緩い方だと思いますよ
まあ私がホラー慣れしてるからだろうけど(^^;

『ザ・ボーイ~人形少年の館~』は私も鑑賞すみです
人形プラス館物と言うことで楽しめました
しかし個人的には最後まで心霊ホラーで通してほしかったですけどね~
やはりホラーやサスペンスは美女がワキャーなってこそだと思っているので
『ザ・ボーイ~人形少年の館~』に関してはそのへんよかったです
この作品の主人公はイケメンですが求められるのは弱々しさからの・・・
って感じですのでホラー&サスペンスの主人公は女性が理想的ではありますね
2017.03.26 20:59 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/3829-c73d9676