ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 バタリアン5

バタリアン5
【制作年】2005年
【鑑賞】DVD
【制作国】アメリカ
【上映時間】95分
【原題】RETURN OF THE LIVING DEAD: RAVE TO THE GRAVE
【配給】アートポート
【原作】- - - - -
【監督】エロリー・エルカイェム
【出演】ピーター・コヨーテ / エイミー=リン・チャドウィック / ジャナ・クレイマー
     ジョン・キーフ / コリー・ハードリクト


【あらすじ】
ゾンビの襲撃を生き延び、大学生活を楽しんでいたジュリアン(ジョン・キーフ)。
叔父が急死したという知らせを受け、遺品を整理していたとき、不審なドラム缶
を見つけ、中身の成分調査を化学オタクのコーディー(コリー・ハードリクト)に
依頼した。その成分でドラッグを作れることに気づいたコーディーは、ドラッグを
大量に作り売りさばいてしまう。

物語は4から数年後のお話で前作で生き残った彼らが大学生になっていて大学
生活を楽しんでました。
これまた前作まんまと逃げおおせたことの張本人チャールズがトライオキシン5
を懲りずに謎の3人組に売ろうとする、まあ例によってちょっとしたミスで試験体
の死体に襲われてオープニングから消えます
彼の甥である前作の主人公を務めたジュリアンは叔父の家で例のドラム缶を発
見・・・そう例のやつをまだ残していたのです。
大学の実験室に持ち運びコーディーに調べてもらうとドラッグと同じ成分だとい
うことがわかり主人公に内緒でよりによってトライオキシンでドラッグを作ってしま
い売りさばいてしまう・・・そして
まあ簡単にストーリーを説明するとこんな感じで、前回であれほど痛い目に遭っ
ているのにまるでことの重大さそれが何であるかぴんとこない彼らがあほじゃな
いかと思った。
movie_04438.jpg

バタリアンが出てきた後も初めて見たような行動をとるし・・・主人公のもみあげ
は鬱陶しいし、新しい恋人もかわいいし
せっかく前回生き残った天然娘のベッキーちゃんが大学生になってめがねを辞
めてちょっとビッチに・・・
今回はバタリアンらしく「ブレイ~ン」と言いながら襲ってきますそれに動きが活
発です。
しかし悲しいかな特殊メイクが前作よりひどい・・・低予算オリジナルビデオと同
じグロシーンもしょぼいしゾンビ映画には致命的、ストーリーはゾンビ映画だか
ら多くは望んでないしこの程度でも十分だけど、特殊メイクがね前作では笑いを
とらなかったからかしらないけど今回はコメディ色が強いです。
movie_04437.jpg

でも度が過ぎてダダ滑り、1&2のようなバタリアンを使ったならでわの笑いの取
り方ではないし前作のクオリティーにまったく近づいていない、のりがすこぶるわ
るいんだよね、終盤の仮装パーティーのシーンなんてすぐ横でバタリアンに襲わ
れてるのに知らん顔して踊ってるしばか?って感じだった。どんどんバタリアン
が増えて襲われてるのに見向きもしない、後ひどいのは編集!バタリアンが
学園内を襲ってるのにカメラの奥では普通に部活してるし、道路の向こ
うでは野次馬が撮影を見てるし低予算作品あらではのシーンも垣間見れました
movie_04436.jpg



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね


ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/3874-5bee94f7