ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 フラッシュバック

フラッシュバック
【制作年】2000年
【鑑賞】DVD
【制作国】アメリカ
【上映時間】97分
【原題】FLASHBACK - MORDERISCHE FERIEN
【配給】AMGエンターテイメント
【原作】- - - - -
【監督】ミヒャエル・カレン
【出演】ヴァレリー・ニーハウス / ザヴィエ・フッター / アレクサンドラ・ネルデル
     エルケ・ソマー


【あらすじ】
過去の恐怖体験のため、施設に保護されていた少女・ジャネットは、施設を出て新
たな人生を始めようとするが、想像を絶する真相と悪夢が再び待ち構えていた。

ドイツ制作のスラッシャー系サスペンス作品になります。2000年制作作品
なので当時としては『スクリーム』や『ラストサマー』とうも続編が登場
してる時期でまだティーン系サスペンスのブームもまだ継続中という感じ
です
『フラッシュバック』というタイトルのとおりオープニングで女装した
殺人鬼に目の前で両親を殺害された主人公が精神病院に10年間入院し
精神的に安定し直ったと判断され社会復帰したものの先生に紹介された
フランス語の家庭教師の家で殺人鬼の気配を感じるという内容です。
movie_04547.jpg

夢で両親が殺害され自分が追い詰められるまでを見る主人公はその先
自分がどうやて助かったのかを思い出せません
その経緯と犯人がその後どうなったのかを知ろうとしなかった主人公でし
たが身の回りで起きる小さな出来事と夢による不安から主治医の先生に
電話し犯人がどうなったのか聞こうとします。
movie_04549.jpg

そこで何かを感じた主治医は主人公に会いに行こうとします
そんな中長男と良い仲になった主人公でしたが・・・
殺害される犠牲者や主人公の精神状態を考えるとオチはなんとなく想像が
付きますね、当時としてはあまりない演出でしょうけど今となっては
ありきたりですね、サスペンス作品としてはちょっと展開も遅く犠牲者
も少ない感じで描写的にもちょっと物足りない感じなのでスラッシャー系
のサスペンス作品としては物足りない内容かと思われます。
movie_04548.jpg

また中途半端な笑いを所々に挿入されており緊張感がありません
このテンポで中途半端な笑いは致命的ですね
変に笑いをとろうとしなければもう少し楽しめたかも
結局のところ生徒の3兄妹が家庭教師を追い出そうと計画したことが
主人公を追い詰めラストに繋がったわけで自業自得です
また長男のゲスっぷりが超ムカつくので彼が追い詰められて惨めに殺され
ていく姿は不謹慎ですがいい気味でした
movie_04546.jpg



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね


ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/3893-a6c56123