ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 ウエスト・オブ・ザ・デッド

ウエスト・オブ・ザ・デッド
【制作年】2005年
【鑑賞】DVD
【制作国】アメリカ
【上映時間】89分
【原題】ALL SOULS DAY: DIA DE LOS MUERTOS
【配給】ユニバーサルピクチャーズ
【原作】- - - - -
【監督】ジェレミー・カステン
【出演】マリサ・ラミレス / トラヴィス・ウェスター / ダニー・トレホ / ラズ・アロンソ
     デヴィッド・キース / ニコール・ヒルズ / ローラ・ハリング / ジェフリー・コムズ


【あらすじ】
1892年、メキシコのある鉱山町。町人たちは、“死者の日”祭りに乗じて地主に皆
殺しにされてしまう。現代にゾンビとして甦った町人たちが、偶然町を通りかかっ
たカップルに襲い掛かる。

残念なことにウェスト・オブ・ザ・デッドというタイトルのわりにウェスタンではありま
せん、メキシコが舞台だし現代劇だし・・・オープニングからやばい雰囲気が出て
てはずしたかな?と思ったんだけど中盤からゾンビ映画してくれたのでよかった。
オープニングで遺跡から何か盗みましたよと宣伝してるような逃げ方をしていた
片目のおっさんは笑った。
それじゃ怪しすぎるよ、やはり家に帰ってみると地主が・・・おまえ取っただろう
・・・・ギャグ?
地主の役は久しぶりのダニー・トレホさんでした
movie_04580.jpg

相変わらずな悪そうな顔でも実は良い人「死者の日」を祝って発掘現場でお祝い
をすると町の住民を洞窟内に入れて生き埋めにそれを贖罪に不死身の体を手
に入れるそれから月日がたち町では死者の日に生き埋めになった住民達がゾン
ビとなって町中に現れるようになると言う話です。
最初の犠牲者はメキシコに家族旅行に来た家族、その家族も町の住民により
死者の日の犠牲になりました。
movie_04579.jpg

19歳の娘さんはフェロモンムンムン、やはりお色気要員でした。
それから50年後が本編になります。
今度は恋人同士がこの町に迷い込んできます。町の異様さホテルの異様さに
恐怖を感じ動かなくなった車の代わりに友達カップルを呼ぶそして・・・
中盤まではゾンビは出てこないので結構退屈だった。
ゾンビが出てきてからはゾンビ映画らしくなり楽しめましたよ、ゾンビ達はとりあ
えず走らなかったので良かった。
movie_04582.jpg

動きが緩慢でゾンビしてました。エキストラの動きがちょっとぎこちないかな
ホラーとしてはなかなか良かったと思います。
パッケージとタイトルにひかれて借りてもそんなに損した気持ちにはならないと
思うけど・・・
後女優さん達は結構綺麗な方達がそろってました。男優さんは・・・
movie_04581.jpg



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね


ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/3896-13355b3e