ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 ヒルズ・ラン・レッド 殺人の記憶

ヒルズ・ラン・レッド
【制作年】2009年
【鑑賞】DVD
【制作国】アメリカ
【上映時間】81分
【原題】THE HILLS RUN RED
【配給】ワーナー・ブラザーズ
【原作】- - - - -
【監督】デイブ・パーカー
【出演】タッド・ヒルゲンブリンク / ソフィー・モンク / ジャネット・モンゴメリー
     アレックス・ウィンダム / ウィリアム・サドラー / マイク・ストローブ


【あらすじ】
映画学科の生徒・テイラーは幻の映画『ヒルズ・ラン・レッド』に取り憑かれてい
た。やがて彼は映画監督の娘を見つけ出し、無理矢理自分の撮影クルーを
撮影現場へ案内させるのだが…。

かつて殺人鬼ものスラッシュサスペンスの名監督が『ヒルズ・ラン・レッド』という
作品を撮影中に監督・クルー・俳優共々突然姿を消してしまう事件が起こりまし
た。
そして見つかった映画の予告編はレアになりこの作品自体の価値も上がりまし
た。
ネットで予告編が公開され話題を呼びそれを見た大学の映画学科の主人公は
その予告編でその映画に魅せられ調べるようになります。そうした彼の元に
吉報が監督の娘が今も生きておりある場所にいると、是非監督たちに何があっ
たのかそして作品はどうなったのかを知るために彼は娘に会いに行くのでした。
movie_04630.jpg

この手のサスペンスやホラーって最近特に増えてきましたね幻のホラー映画の
殺人鬼がフィルムから出てきてとか、スラッシャー・サッスペンスに魅せられ特殊
メイクでは満足できずに実際に殺害して撮影する連中などこの作品もそういった
中の一本だけど今まで私が見たその手の作品の中では一番面白かったです。
movie_04625.jpg

展開や演出も見応え合ったし後半からラストにかけては見応えありました。
特にラストは良かったですね、あの終わり方はいかにも続編あるかも的な感じだ
ったけどそれを踏まえて黒幕の狂気がしっかり出ていて良かったです。
黒幕を演じた人の演技もすばらしかったですよ~
まあ展開的にそんなことだろうと最初から思っていたけどねまあ基本的にグロ
シーン有りで拷問系になるのかな?
movie_04628.jpg

オープニングからかなり痛いのでオープニングのシーンでダメだと思った人はそ
れ以上見ない方が良いかも・・・・
ちなみにパッケージのまんまの殺人鬼でした。名前はベビーフェイスで彼の設定
の生い立ちはちょっと可愛そうです。
movie_04627.jpg



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね


ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/3902-452e53da