ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 呪い村436

呪い村436
【制作年】2006年
【鑑賞】DVD
【制作国】アメリカ
【上映時間】92分
【原題】POPULATION 436
【配給】ソニー・ピクチャーズ
【原作】- - - - -
【監督】マイケル・マックスウェル・マクラーレン
【出演】ジェレミー・シスト / フレッド・ダースト / デヴィッド・フォックス
     シャーロット・サリヴァン / デヴィッド・エームズ / レイ・エンス


【あらすじ】
436人しか生きることを許されない地方のとある村。その村に新たな住人が来る
と確実に誰かが死ぬ。そんな中、村の者たちは自分が生き残るための生贄を
求め…。

なんだかタイトルは怖そうだけど実際は怖いホラーではありませんでした
436人しか生きられないという村に調査にきた国税局の主人公がこの
村の異常性に気がついたときには遅かったというお話です。
いったいどういうことなんだろう?と思ってみたんだけど村の人口が436人
を超えると人数にあわせて村人が謎の熱病にかかって死んでしまう、じ
ゃあ逆に減ったら増えるの?って思ってたらラストしっかり誰かが双子を
うんできっちり436人に戻っちゃった。
movie_04658.jpg

でも主人公は村の住民じゃないのに人口の勘定にはいるのはなぜ?
そのくせ配達人は数に入っていない・・・なんでもその日に帰る人は
村人とは認められないようです。神の摂理だそうだけどこの村を救って
こんな掟を作った神様とやらも気合いを入れて監視してるようです。
movie_04655.jpg

妥協も融通もきかないので困るよね、村から出ようとする住民はその人
の死ぬシーンを悪夢で見せ警告します。実際に村の境界線から出た
らどうなるのかというと法を破った罰として神から不可思議な現象を用
いて死をプレゼントされるんですね、オープニングでトラックが爆発した
のもそうです。ヒロインが馬で逃げようとしてたけど馬が振り落としてたし
あのシーンは馬があれ以上はいけないです。とアピールしたんじゃない
かな
movie_04657.jpg

怖いシーンや残酷なシーン怪物など出てくるわけではないけど
掟のせいでゆがんだ住民たちの描き方が怖かったです。
人間以外の力がみれるのはオープニングとラストだけなんですよね
それにしても436って中途半端な数字だな~
movie_04656.jpg



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね


ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/3906-bc2ecd44