ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 タワー・オブ・ザ・デッド

タワー・オブ・ザ・デッド
【制作年】2010年
【鑑賞】DVD
【制作国】アメリカ
【上映時間】82分
【原題】FIGHT OR FLIGHT
【配給】ファインフィルムズ
【原作】- - - - -
【監督】ジョージ・メンデラックス
【出演】ジェイソン・ロンドン / アリシア・リー・ウィリス / ジャド・ネルソン
     ロバート・キャラダイン / ロックリン・マンロー / C・トーマス・ハウエル


【あらすじ】
連邦ビルの屋上で秘密裏に開発されたゾンビ化ウイルス爆弾が爆発。ウイルス
はビル内に拡散し、出口は封鎖され人々が逃げ惑う中、ウイルスの存在を隠し
たい国家は生存者を見殺しにしようと企み…。

政府が連邦ビル内で吸った相手を凶暴化させ殺し合いをさせるという化学兵器
を研究しており、なぜかそれを知ってるテロリスト自分では愛国者といってます
が、その事実を世に知らしめるために連邦ビルのその秘密の研究所内で自爆
テロを行いガスがビル内を覆いビルの職員達が凶暴化するというお話です。
movie_04874.jpg

はっきり言ってゾンビ映画ではありません、ゾンビでもありませんただ人が凶暴
化するだけですね、ゾンビではないので人を襲って食べたりとかそういうことは
ありません思ったより低予算で小規模な内容でだからこそ舞台をビルと限定し
たんでしょうね、事が終わってみると実際凶暴化した人たちはそんなに登場しま
せんでした。
movie_04873.jpg

まあオープニングがすべてと思っていただければ・・・
内容はともかくB級映画こそ我が人生といってるかはわかりませんが、B級映画
ではおなじみのトマース・C・ハウエルさんとロックリー・マンローさんが出演され
ています。
とくにハウエルさんは警察署長の役ですが彼が登場してしまうと折角のシリアス
さや怖さなどがお笑いになっちゃうんですよね、意気込み盛んだけど空回りな感
じの署長になっちゃってます。
movie_04872.jpg

マンローさんは出番少なめですがラストだけチョット活躍します。
ガスは空気よりも重いと言うことで研究施設のある6回よりは上は無害と言うこと
ですがだとしたらもっと生存者が居てもいいはずですよね、予算の都合上なのか
気が付けば結局最初の8人程度でした。
主人公はさえない警備課の主任でバツイチ今回元奥さんがビル内にある保育所
に娘を預けており、さえなかった彼ですが娘のために獅子奮迅の活躍を・・・
その姿に惚れ込むヒロインの女探偵でした。
脇役でもハウエルさんが出ちゃうと存在感を彼に持って行かれちゃうんだよね
movie_04871.jpg



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね


ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/3933-17d63dee