ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 コラテラル

movie_04466.jpg
【制作年】2004年
【鑑賞】DVD
【制作国】アメリカ
【上映時間】120分
【原題】COLLATERAL
【配給】パラマウント
【原作】- - - - -
【監督】マイケル・マン
【出演】トム・クルーズ / ジェイミー・フォックス / ジェイダ・ピンケット=スミス
     マーク・ラファロ / ピーター・バーグ / ブルース・マッギル


【あらすじ】
タクシー運転手のマックス(ジェイミー・フォックス)はロサンゼルスで12年間ま
じめにタクシー運転手という職業をこなしていた。ある日、客として乗せた女
性検事アニー(ジェイダ・ピンケット=スミス)との会話をするうちにささやかだ
が心が通じ合い、アニーはマックスに自分の名刺を渡して車を降りる。

トムさん初の悪役ということでよし悪役ぶりを拝見してやろうかと意気込んで見た
わけですが正直失望した。
というよりこの程度だろう、演出的にスターであるトムのイメージをくずしたくない
というのが手に取るようにわかりそれが映画をぶちこわしている、それを救った
のはやはりジェイミーフォックスの演技ですね、はっきり言ってトムさんは主人公
ではないですね明らかにフォックスが主演ですよ、トムさんのファンはまずここか
ら受け入れなくてはいけないがとにかくトムさん演じるヴィンセントなる殺し屋が
腕はよいけどミスが多い本当にプロかというミスを連発するわけでそんな彼を止
められない地元警察もFBIも無能としか言いようがないわけで、まさにそういう
演出だった。
movie_04938.jpg

ファニング刑事の扱いがひどいように思う、銃撃戦のさなかマックスを店から連
れ出したのはいいけどあっさり撃たれて退場というのは首をかしげる、あそこま
で真相に近づきマックスを保護しあとどうヴィンセントに絡んでいくかが楽しみ
だったのにあの扱いはないんでは・・・
その後の展開としてはヴィンセントの最後のターゲットが最初に自分が乗せた
検事のアニーだった。
movie_04940.jpg

彼女を救うために彼はヴィンセントに牙をむくのでした。
タクシー内でのヴィンセントとマックスの邂逅は興味深い物であの会話がラスト
につながった気がします。
ラストの扉を挟んだ撃ち合いに関してはヴィンセントはわざとじゃないかと思う
彼ほどのプロが不用意すぎますからね
movie_04939.jpg



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね


ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/3943-10e2c7ae