ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 最‘愛’絶叫計画

最‘愛’絶叫計画
【制作年】2006年
【鑑賞】DVD
【制作国】アメリカ
【上映時間】85分
【原題】DATE MOVIE
【配給】20世紀フォックス
【原作】- - - - -
【監督】アーロン・セルツァー
【出演】アリソン・ハニガン / トニー・コックス / アダム・キャンベル / エディ・グリフィン
     ジェニファー・クーリッジ / マリエ・マチコ / カーメン・エレクトラ / ソフィー・モンク


【あらすじ】
『愛しのローズマリー』のようにおデブなジュリアは、手術を受けていい女に変身。
恋人と出会い結婚を目指すが、ふたりの前には『ミート・ザ・ペアレンツ』な親ほか
さまざまな障壁が待ち受けていた。

絶叫計画シリーズがラブコメ&コメディ作品をベースに登場出だしは「愛しのローズ
マリー」から・・・しかし他の作品はかなり小出しであっという間に終わるのでどの作
品のパロディーがどこというのはわかりにくかったですね、このシリーズ特有の下
品さも健在なので絶叫計画シリーズが好きな人じゃないと受け入れられないと思う
主人公の最初のおでぶな特殊メイクは今や驚きの対象にならないね、今では結構
おでぶメイクは使われてるし、カーメン・エレクトラがまたもやお色気キャラで出てい
るのがちょっと悲しかったかな、まあ彼女はそれしかないんだけど、中盤以降は
ストーリーベースが「ミート・ザ・ペアレンツ1&2」になります。
movie_04973.jpg

ヒッチの元カノのアンディ役はソフィー・モンクさんですね今回はお色気キャラでし
たけどこの間鑑賞した『ヒルズ・ラン・レッド 殺人の記憶』ではキレッキレの殺人鬼
を演じてました。
主人公の恋人の親で母親役は大好きなジェニファー・クーリッジでした。
でも彼女の持ち味は出てなかったな~この手のコメディには向かないのかな?
他のキャラクターが無茶なので見栄えがしないのかも、今回は絶叫計画シリーズ
の主人公アンナ・ファリスも出てないのでちょっと残念だったかな
movie_04974.jpg



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね


ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/3960-50710036