ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 デンジャラス・ビューティー

デンジャラス・ビューティー
【制作年】2001年
【鑑賞】DVD
【制作国】アメリカ
【上映時間】110分
【原題】MISS CONGENIALITY
【配給】ワーナー・ブラザーズ
【原作】- - - - -
【監督】ドナルド・ペトリ
【出演】サンドラ・ブロック / マイケル・ケイン / ベンジャミン・ブラット / ウィリアム・シャトナー
     ヘザー・バーンズ / キャンディス・バーゲン


【あらすじ】
色気も男っ気もないグレイシーは仕事一筋に生きるFBI捜査官。そんな彼女に
命じられた任務は、連続爆弾魔が狙うミスコン会場に潜入すること。出場者を
装うにはあまりに小汚い彼女、本番までに美しく変身できるのか?

この作品はもう16年も前になるんですね・・・サンドラさんは今でも綺麗ですがこの
当時と今もあまり代わらず魅力的なのが凄いですね
サンドラさんと言えば『スピード』というイメージですが個人的に
はこの『デンジャラス・ビューティー』もお気に入りなんですよねこの二本がサンドラ
さんのイメージ作品です。
movie_04534.jpg

この作品は男勝りで色気も全くなくがさつな女性FBI捜査官がミスコン爆破という
脅迫状を阻止するためにミスコンのメンバーとして潜入捜査をするという内容で
すがただ綺麗になっていくというだけではなくミスコンの出場者たちを持ち前の
キャラクターで中和して決してドロドロギスギスさせなかった点ですね、メインの
出場者10人がハートを中心に仲良くなっていき美を競い合う自分以外は敵であ
るそういう概念を打ち消している点は映画ならではだろうけど見ていて気持ち
よかった。
movie_04533.jpg movie_04536.jpg

結局全員が鼻持ちならない女性というイメージが中盤ぐらいからなくなっちゃっ
てたよね、また外見は変わっても中身はあのハートですから全くミスコンの型
にはまっていないわけで言動や行動が1人浮いているのだけどそれが全くミス
マッチではない気の利いたジョークや気の利いた一言が楽しませてくれますね~
そんなハートをお姉系のコンサルタントがドンドン綺麗に素敵にしていきます。
movie_04530.jpg

そんなお姉系を演じたマイケル・ケインさんが妙にはまっていて楽しげでした。
こういう作品はやはり出演者の方たちも楽しんでますよね、サンドラさんもノリ
ノリでした。
最後の出し物でシェリルがファイアーチアリーディングをしているとき袖で嬉しそ
うにノリノリで踊りながらはしゃいでいるシーンは一番印象に残っちゃいましたね
movie_04532.jpg



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね


ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/3961-7465dab7