ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 ワールド・ウォーZ

ワールド・ウォーZ
【制作年】2013年
【鑑賞】DVD
【制作国】アメリカ
【上映時間】116分
【原題】WORLD WAR Z
【配給】KADOKAWA
【原作】マックス・ブルックス:著 『WORLD WAR Z』
【監督】マーク・フォースター
【出演】ブラッド・ピット / ミレイユ・イーノス / ジェームズ・バッジ・デール
     ダニエラ・ケルテス / デヴィッド・モース / ダニエラ・ケルテス


【あらすじ】
元国連捜査官のジェリー(ブラッド・ピット)と家族の乗った車が、渋滞にはまって
いた。すると、前方で爆発音が聞こえ、トレーラーが無数の車をはじき飛ばして
クラッシュし、パニック状態の群衆が通りになだれ込んでくる。そのただならぬ状
態から家族を守ろうと、妻子を連れて逃げるジェリー。やがて、彼は人間を凶暴
化させる未知のウイルスが猛スピードかつ世界的規模で感染拡大しているのを
知る。そんな中、元国連職員の技能と知識を買われたジェリーは、各国を回って
ウイルスの感染原因を突き止めるよう依頼される。

この作品はマックス・ブルクス氏の小説『WORLD WAR Z』が原作になります。
ただ映画は結局ブラピをかっこよく見せるためだけの映画でこんなものでゾンビ
映画といわれても(笑)
最後のブラピのかっこつけた演技演出は鼻につくだけでしらけます
原作を読めばわかりますけど結局のところゾンビです
なのでゾンビ映画のはずですがゾンビ映画の醍醐味はまったくありません、ブラピ
がゾンビ映画!と期待してみるとなんか違うとなるのでかっこいいブラピが大活躍
する姿が見たい方だけ借りた方がいいでしょう、もう一度書きますがゾンビ映画の
醍醐味は一切見れません
ゾンビの造形もTVドラマの『ウォーキング・デッド』のほうがよほどいい仕事してい
ます。
movie_04987.jpg

正直ゾンビ映画ならこんなものより低予算で作られたいつものゾンビ映画のほうが
まだ面白くゾンビ映画を見てる気分になります
ゾンビをCGにしたらもう最後ですね、CGでゾンビを縦横無尽に描いただけのアク
ション映画は面白くありません、輪をかけてブラピの引き立て役でしかない演出だ
し(苦笑)
movie_04988.jpg

非常にご都合過ぎてどっちらけでした
そもそもの原作は事件収束後の話で記者が関係者達に話を聞いて回るという
内容になっています
もう完全に映画は原作と別物になっていたんですね
movie_04989.jpg



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね


ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/3969-f41baf4a