ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 サスペリア・テルザ 最後の魔女

サスペリア・テルザ 最後の魔女
【制作年】2007年
【鑑賞】DVD
【制作国】アメリカ
【上映時間】98分
【原題】LA TERZA MADRE
【配給】キングレコード
【原作】- - - - -
【監督】ダリオ・アルジェント
【出演】アーシア・アルジェント / クリスチャン・ソリメノ / アダム・ジェームズ
     市川純 / ウド・キア / モラン・アティアス / ヴァレリア・カヴァッリ


【あらすじ】
絵画修復の技術を学ぶためにアメリカからローマにやってきた研究生のサラ・マ
ンディ(アーシア・アルジェント)は、同僚女性と墓地で発掘された壺を調べるうち
骨やローブ、短剣などを発見する。それは、マーテル・ラクリマルムと呼ばれる邪
悪な魔女の遺物で、サラたちは世界制覇をたくらむ魔女たちを現代に解き放って
しまう。

オカルトホラーの名作ダリル・アルジェント監督の『サスペリア』魔女を題材とした
作品でシリーズ三部作となっていたそうです
この作品は三部作の三作目にあたりますね、二作目は『インフェルノ』という作品
のようで残念ながら私はまだ見ていません、『サスペリア2』があるけどこれは違う
の?と思われる方もいると思うけどあの作品はホラーではなくて普通のサスペン
スミステリーなんですよね、この作品はダリル・アルジェント監督自ら監督されてい
て主演には娘さんのアーシア・アルジェントさんが演じてます。
movie_05014.jpg

日本好きなアルジェント監督がアジアからとってアーシアと名付けたそうです。
この作品でも日本の魔女が鍵となっていますし日本人の市川純さんが起用され
ています
ストーリー的には魔女三部作という位置づけだけど話のつながりはなくて魔女を
題材にしたオカルトホラーの三部作だと思われます。
movie_05013.jpg

『サスペリア』のファンの方は多いと思うけど続編ではないので注意してくださいね
作品自体はとても残念な仕上がりになってます。
やはり『サスペリア』が完成されすぎているのかな?魔女を題材にしているけど
一作目のようなオカルトっぽさがまるでないです。
魔法とか呪いとかそういう感じがしないんですよね、教団のアサシ
ンを使って邪魔者を消したりヒロインを狙ったりでどちらかという
と肉体で迫ってきます。
なんか呪文を使って市民を暴動させたりはしたけど数シーンで終わりだし数人で
車壊したり喧嘩してるだけで暴動と言えるほどの描写ではなかったんですよね
全体的に低予算のB級ホラーな感じでとてもアルジェント監督の作品とは思えな
い内容でした。
movie_05015.jpg

伝説の「三人の魔女」の中で最も残忍で美しいと言われる“涙の母”の復活
昔彼女と戦って敗れた主人公の母親彼女の能力を受け継いだことを知った主人
公がよみがえった涙の母を封じるために挑むわけですが主人公がやらされた感
満載でだからなのか実際的に何か出来たわけではなかったです。
唯一の能力が姿を消すことっていうのもラストバトルも派手な物になるかと思い
きやアジトに忍び込んであっさり捕まりその後あっさりだし・・・涙の母弱すぎ!と
いうか何も出来てないし、オカルト感がまるでないハリウッドないずされたB級ホ
ラー作品と言う感じです
movie_05012.jpg



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね


ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/3982-8673bc02