ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 マックス・スティール

マックス・スティール
【制作年】2016年
【鑑賞】DVD
【制作国】アメリカ
【上映時間】92分
【原題】MAX STEEL
【配給】ソニー・ピクチャーズ
【原作】- - - - -
【監督】スチュワート・ヘンドラー
【出演】ベン・ウィンチェル / マリア・ベロ / アナ・ビジャファーニェ / アンディ・ガルシア
     マイク・ドイル / フィリップ・デヴォナ


【あらすじ】
幼少期に父親を事故で亡くした町に戻ってきたマックス(ベン・ウィンチェル)は
自分では制御できないエネルギーが体から放出されるようになり困惑してい
た。ある日、彼の目の前に地球外生命体スティールが姿を現す。マックスとス
ティールが一体化すると、驚異的なパワーを自在に使えるスーパーヒーロー
マックス・スティールが誕生し……。

アメコミの映画化かと思っていましたが世界的に有名なおもちゃメーカーの
人気フィギュアシリーズの映画化だったんですね、日本で言うところのメディア
ミックスになるのかな?
映画がヒットしたらコミック化されそうですね・・・
肝心の映画の方はなんか一昔前のアメコミという感じです・・・なんか昔のアメコミ
映画のひな形通りのキャラ設定とストーリー展開ですね、なんだか映画の方は
シリーズ化されそうな感じですが・・・
こういう作品だと芸能人の吹き替えっぽかったので心配でしたが一人も使ってい
なかったので安心しました。
movie_05023.jpg

内容の方は本題に入るまでがないですね、シリーズ最初と言うこともありスティー
ルに出会うまでと能力が開花するまででほぼ終盤までもていってる感じで
本格的に敵が出現して戦闘になるのはラストバトルのみと言うウルトラリンク
との戦いもありましたね、しかしそれだけ悪というのは一人だけだし追いかけ回し
ていた連中は主人公のお母さんが会社の筆頭株主で一番偉いためにすぐに
主人が変更って感じです
movie_05022.jpg

お母さんが雇い主だしねw
この作品自体がシリーズのつかみなんだろうなと言う内容だったので面白くは
ないですよね、ヒロインと出会った瞬間お互い惹かれ合ってヒロインが積極的に
主人公に近づいていくのは少女漫画かよって感じです。
こういう作品のひな形の一つでもありますしね、ラスボスに関してもこの系統は
お父さんの信頼する助手とか相方が実は悪というのもひな形です。
もう序盤で裏で絵を描いてるのが誰かすぐわかりました。
movie_05025.jpg

脚本が薄っぺらいんですよね~
ラストバトルも主人公の正体もだろうねという感じだし・・・もう少しプラスαが
あればってところでしょうか、多分続編が作られるだろうしそちらに期待でしょう
ね、もうパワーも生い立ちも敵もはっきりしてるから寄り道なしですしね



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね


ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/3986-d9431f77