ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 スマイリー

スマイリー
【制作年】2012年
【鑑賞】DVD
【制作国】アメリカ
【上映時間】99分
【原題】SMILEY
【配給】アドニスSQ
【原作】- - - - -
【監督】マイケル・ギャラガー
【出演】ケイトリン・ジェラード / メラニー・パパリア / シェーン・ドーソン
     アンドリュー・ジェームズ・アレン / ライザ・ウェイル / トビー・ターナー


【あらすじ】
大学生のアシェリー(ケイトリン・ジェラード)は、インターネットのチャットである
単語を3回打ちこむと肉仮面の殺人鬼スマイリーが出現するという都市伝説を
聞き、興味本位で試してみる。すると本当にスマイリーがチャット相手の男性
のもとに現われ、その男性が無残にも殺される場面を見てしまう。同じくスマイ
リー伝説を試したクラスメートも失踪(しっそう)し、アシェリーはこれまでに感じ
たことのない恐怖におののく

もうなんか最初から仲間達が芝居くさく演出が下手だなと思った。あ~このパターン
かとすぐにわかったのでそういう目でしか見ないなのでより馬鹿どもの下手芝居が
目に付く結果になってますね、系統としては『スクリーム』ですかネットを使い複数の
仲間で一人を追い詰めるアメリカの本当にある都市伝説かと思ったらまさに
この事件から都市伝説を作ろうというのが彼らの目的だったわけですね、これ主人
公が飛び降りなかったらネタばらししてどちらにしてもみんなで大笑いだったのでは
落ちて死んだのが最高の結末だと笑う彼らには反吐が出ますがその後手痛いしっ
ぺ返しが、主人公も死んではいないわけでこの後の反撃で彼らの人生も終わりにな
るかも、しかし都合のよいことに彼女は精神を患ってるとセラピーを受けてるし警察
もそれを知っており彼女の通報を無視したぐらいですしこの後の反撃は冷静周到に
行わないといけませんね~
movie_05028.jpg

まあ残念ながら未だに続編は作られていないのでその後どうなったのかわかりま
せんが・・・
全体的に彼らが仕組んでいるとわかっているので彼らの緊張感がなさ過ぎ油断しす
ぎって感じでこれ信じたのは主人公が超真面目だったからですね
これは簡単にだませると最初に思ったでしょうね~
movie_05027.jpg

結局、コンピューターが意志をもつということもなく、人間がコンピューターを使って
スマイリーという存在を作り上げていくということだったわけで、ラストに出てきたスマ
イリーは別として、道徳観念のないクズどもがしくんだ自分達が楽しむために一人
の人間を徹底的に追い詰めていくと言う内容でした
映画としての設定は面白いけれど先ほども書いたとおり演出がわかりやすすぎて
簡単に先と最後がわかっちゃう点がもったいないです
主人公を演じたケイトリン・ジェラードさんはおきれいな方で絶叫も鬼気迫るものが
あってよかっただけにもったいないですね~
movie_05026.jpg



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね


ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/3988-09e2444c