ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 ボーン・スナッチャー

ボーン・スナッチャー
【制作年】2003年
【鑑賞】DVD
【制作国】アメリカ
【上映時間】90分
【原題】THE BONE SNATCHER
【配給】AMGエンターテイメント
【原作】- - - - -
【監督】ジェイソン・ウルフソン
【出演】レイチェル・シェリー / スコット・ベアストウ / ウォリック・グリア
     パトリック・シャイ / パトリック・レスター / ラングレー・カークウッド


【あらすじ】
隠れることも出来ない広大な砂漠を舞台に、人の骨をかき集め怪物を形成する
謎の生命体と人間とのバトルを描く。銃弾で倒しても再び起き上がる怪物が
調査隊員たちを血祭りに上げていく…。

パッケージタイトルは魅力的だったんですけどね、見てみると大違いでした
確かにボーンスナッチャーしてたし間違ってはいないのだけど・・・
何分低予算作品ですし多くは望めないですよね、部隊は砂漠です
セットいらずですねその分終盤戦のセットとすナッチャー達のCGにお金を
使ってると言う感じです。
世界規模のお話でもなくその砂漠のみの出来事ですし巻き込まれるのは
主人公達だけです。
movie_04705.jpg

見終わってそもそも主人公は何しに来たんだっけ?
って感じの内容でした。
そもそも給水施設の修理に来たはずなのに・・・
敵の正体はまさかのあれでなかなか面白かったです
なぜ人型になるのかは意味不明・・・
やたらと仕切りたがり一人情緒不安定で足を引っ張っているキースが
なんか最後まで不愉快でした。
もうなんかイラッとくる、主人公達が見つけた別チームの死体ハービー
と言う人物の死体がないことから彼はハービーが殺したんだと決めつけ
追いかけます。
movie_04704.jpg

しかし見つけたのは等のハービー・・・それでもいいやこいつはハービーの死体
じゃないと言い張り殺人鬼が野放しなんだぞと切れ上がる姿はみっともないだ
けでした。
っていうか相当の馬鹿仲間達もあきれてましたが
じゃあこの死体はどこの誰だって話です。
そんな感じでとにかくハービーによほどの恨みがあるのかなんかイカれてる
って感じです。
設定は悪くはないのですが最初に書いたとおり低予算B級作品なのでとにかく
地味でな作品でした。
砂漠に何かいるそいつは人にまとわりつきあっという間に肉を食らい尽くす
って感じでもっとパニックしてほしかったというところでしょうか
後ヒロインがもう少し美人だとよかったんですけどね、主人公も間の抜けた顔
してるし華がないです。
movie_04703.jpg



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね


ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/4020-9b0a45d9