ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 ラストダンス

ラストダンス
【制作年】1996年
【鑑賞】DVD
【制作国】アメリカ
【上映時間】102分
【原題】LAST DANCE
【配給】ウォルト・ディズニー・スタジオ
【原作】- - - - -
【監督】ブルース・ベレスフォード
【出演】シャロン・ストーン / ロブ・モロー / ランディ・クエイド / ピーター・ギャラガー
     ジャック・トンプソン / ジェイン・ブルック


【あらすじ】
恩赦の仕事を担当した若き新米弁護士が、死刑執行まであと30日に迫った女死
刑囚の悲惨な過去と絶望に心を動かされ、再調査をしながら死刑取り消しに奔
走する姿を描く

タイトルと中身は関係ないです。ダンスはしません内容はショーン・ペン主演の
「デッドマン・ウォーキン」と同じのように感じました。
死刑囚シンディー(シャロン・ストーン)の死刑執行が決まり恩赦課の弁護士
リチャード(モロー)がどうしても彼女を助けたいと必死になってがんばります。
この映画はデッドマン・ウォーキンどうよう死刑制度をふうしした社会派のドラマ
ですが、ロマンスもまじえながら死刑囚とその関係者を丁寧に描写してると思う
説教くささもなく映画を楽しめると思います。
movie_04753.jpg

かたくなにリチャードの誠意受け入れない彼女を辛抱強く導こうとするリチャード
次第に心を解放するシンディー刻一刻と死刑の日が近づくがかれらの絆はより
いっそう強くなるラストでのワンシーンあのシーンは良かった。
movie_04752.jpg

ガラス越しの彼女とガラスに映ったリチャードの顔あの演出は胸を打たれます
シンディーを演じたシャロン・ストーンは見事だった。
シンディーという彼女の生き方を実に研究してると思う役になりきってた。
死刑囚ということでほとんどノーメイクだったけどシンディ役の彼女は実に綺麗
だった。
ただ彼女の犯罪は冤罪でも何でもなく事実であると言うことは確かです。
彼女の行いに対しての償いは当然です
しかし最後のシーンは犠牲者の家族の圧力であることは明確で自分の息子を
失ったのだから気持ちはわかるけれどそれはやっぱりやっちゃ駄目でしょって
おもった
あんたの息子も殺されるだけの理由を持った男だったんだから
movie_04751.jpg



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね


ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/4023-ed1f7ac0