ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 あるスキャンダルの覚え書き

あるスキャンダルの覚え書き
【制作年】2006年
【鑑賞】DVD
【制作国】イギリス
【上映時間】92分
【原題】NOTES ON A SCANDAL
【配給】20世紀フォックス
【原作】ゾーイ・ヘラー:著 『あるスキャンダルについての覚え書き』
【監督】リチャード・エアー
【出演】ケイト・ブランシェット / ジュディ・デンチ / ビル・ナイ / アンドリュー・シンプソン
     トム・ジョージソン / マイケル・マロニー / ジョアンナ・スキャンラン


【あらすじ】
ロンドン郊外の中学校で歴史を教える初老のバーバラ(ジュディ・デンチ)は、若く
美しい新任の美術教師シーバ(ケイト・ブランシェット)に興味を抱く。家族も親しい
友人もおらず、飼っている猫だけが心のよりどころだったバーバラは、シーバとの
友情に固執するようになる。しかし、ある日、シーバの秘密を知り……。

いや~なんか最初の方から引くんですけど・・・最後まで何とも言えない不愉快さ
と「怖さ」がにじみ出てましたね、ジョディ・デンチさん確かにヘンダーソン夫人を
演じたときと全く違いました。
同じ人に見えないんだから凄いです。
笑い顔ひとつとっても全然別人だしこれが本当に演じるということなんだと感心し
ました。
っが役の方はめちゃ怖いです。
正直こんな人には関わり合いたくありませんラストでも分かるようにこの人今回
の事件をしても全然理解していないし反省もしていないし・・・彼女は自分が誰な
のか分かっていないのではないだろうかと思った。
movie_04793.jpg

女性教師が男子生徒に手を出して問題になった事件はアメリカでも日本でも起
こってます。
男性教師が女子生徒をまたは男性教師が男子生徒をという異常者も大勢居ま
す。
この作品はもちろん実話をベースにしていてアメリカで実際にあった教師と生徒
の不倫事件を映画化した作品なんです。
もちろんデンチさん演じるベテラン教師など映画用に脚色はしているようですが
あの事件は日本のメディアでも流れましたからね私もニュース見ましたがショッ
キングな事件でした。
女性教師は逆ギレしてカメラに向かってわめいてたし、そういえばこの作品でも
後半でごった返すカメラマンにほえてましたね、結構リアルに描写してるのかも・・・
しかし私的にはお二人ともモラルが無くどっちもどっちだって感じですね、作品中
でのシーバの言い訳を聞くとこの女どういうんだ!とむかっ腹立ちました。
movie_04794.jpg

っでそこで不倫をやめていればいいのにあっさり継続しちゃう当たりが節操が無
いというか考えが足りないと言うかクリスマスパーティーのシーンでお母さんが
自分の娘の悪口を言ってるシーンが印象に残りました。
シーバのような女性を作ったのは彼女だって確信したシーンですね男子生徒の
狡猾さもうまかった。
隙だらけのシーバも悪いが彼女を見て物にできると思ったのなら・・・それでも
作品中の彼は本当にシーバのことが好きだったみたいだね、それだけは純粋な
気持ちだったのかもって気がする、もちろん悪いことなんだけど、でも彼が一番ま
ともに見えてしまう当たりが異常な作品だったのかもしれないな~
movie_04796.jpg



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね


ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/4028-dc66b4cc