ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 シモーヌ

シモーヌ
【制作年】2002年
【鑑賞】DVD
【制作国】アメリカ
【上映時間】117分
【原題】SIMONE
【配給】ユニバーサル・エンターテイメント
【原作】- - - - -
【監督】アンドリュー・ニコル
【出演】アル・パチーノ / レイチェル・ロバーツ / ウィノナ・ライダー / キャサリン・キーナー
     エヴァン・レイチェル・ウッド / プルイット・テイラー・ヴィンス / ジェイ・モーア


【あらすじ】
落ち目のタランスキー監督(アル・パチーノ)は、全てが自分の思うままのCG女
優シモーヌ(レイチェル・ロバーツ)を生み出す。人前に姿を現さない彼女の人
気は高まり、世界中が生身の彼女を熱望する。

思ったより面白い映画だった。自分の映画にCGの女優を差し替えたら偉い人気に
なり調子に乗ったヴィクター(アル・パチーノ)は引くに引けなくなってしまう、そのさ
えない監督役のアル・パチーノが実に可笑しい、コミカルな演技というわけではな
いけど実に味のあるキャラクターに演じてるあたりさすがベテランでしょう、今まで
堅い役ばかり見てきたけどこういう役も以外とはまってる、シモーヌを演じたレイチ
ェル・ロバーツはさすがにきれいだねCGと言われても納得できてしまう不思議な魅
力があるように感じる、さてこの作品はまじめに見る作品ではありません、当然突
っ込むところはたくさんある、なぜCGとばれないなどね、だけどそれをいちいち突っ
込んでだから面白くないですよね、だってそれが大前提でこういう作品があるんだ
からね、私はコメディという枠で見ていたので純粋に楽しめた
movie_04841.jpg

ヴィクターのばれやしないかとひやひやしてるさまを見るまでもなく私のほうがい
つミスしてばれるんだろうってひやひやしてたくらい、ライブシーンなんてやりすぎ
だろと思いつつトラブルでホログラフィーってばれるんじゃないとドキドキしてた
この作品はヴィクターの悪のりとやりすぎを見るのが面白い
あとウィノナ・ライダーがいいね、自分自身を演じたって感じ、事件前と事件後しか
しやっぱり彼女はきれいだよね
movie_04843.jpg

この作品で好きなのはヴィクターの娘さんだね、彼女は最初から最後までヴィクタ
ーとエレインの復縁を望んでた。
お父さん孝行だしね
しかし、シモーヌの人気を利用して自分の作品と自分自身を売り込もうとするけど
作品よりシモーヌの方に注目がいくのは皮肉だよね、しかもシモーヌがいつのまに
やら一人歩きし始めてしまう、すっかり重荷になるところが皮肉がきいててよい、嘘
が真実になってしまったあたりは実に滑稽だラストは一応ハッピーエンドになるのか
な、エンドクレジットの後のワンシーンはよけいに感じたけどね
movie_04842.jpg



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね


ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/4041-074372ba