ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 キラー・クロコダイル

キラー・クロコダイル
【制作年】1988年
【鑑賞】DVD
【制作国】イタリア
【上映時間】88分
【原題】MURDER ALLIGATOR
【配給】クリエイティヴアクザ
【原作】- - - - -
【監督】ラリー・ラドマン
【出演】アンソニー・クレンナ / ジュリアン・ハンプトン / ジョン・ハーパー
     シェリー・ローズ / アン・ダグラス / トーマス・ムーア / ヴァン・ジョンソン


【あらすじ】
放射能廃棄物の影響で巨大化したワニがカリブの島で次々に人間を食いまく
り、ついにクロコダイルハンターが立ち向かうモンスターパニック。

1988年に制作されたイタリア制作のワニが人を襲うパニック作品になります
カリブの島を舞台にしており放射能廃棄物を川に流していたことでワニが巨大化
し人を襲いだしたという設定です。
いろいろ突っ込みどころもある映画でそういうところを楽しむ作品と割り切りましょ
う・・・
放射能汚染に影響受けたのがワニ一匹ですか?
そもそもその放射能汚染物質はどこから?放射能を扱うと言ったら原発ぐらい
でしょうか・・・
主人公である研究者チームが放射線を測定しに来ますが防護服を着て船のす
ぐそばでガイガーカウンターで測定船に戻り防護服を脱いですごいぞ広島の倍
以上ある・・・じゃあおまえ達もう駄目じゃん
Tシャツ短パンとみんな超薄着・・・測定者におまえは被爆しているからと注意を
即してますけどいやいやあんた達のほうがやばいでしょ
そして数日その川で野宿し最終的にはワニ退治・・・
超巨大なワニに殺すことを猛反対し抗議運動までいたのに仲間が一人殺され
た途端やっぱワニは殺さなきゃと今度は積極的に・・・
もうなんかブレッブレな主人公達になんか嫌気が、肝心のワニですが当然CG
なんて無い時代ですので作り物です。
笑っちゃうできですがなんだか味があるという感じです。
ルチオ・フルチ監督などで特殊メイクを担当したジャンネット・デ・ロッシさんが
特殊メイクを担当していたのでワニに襲われるシーンや死体などの描写に期待
したのですが・・・さほどでもないそういうシーンも少ないという結果に肩すかしで
した。
俳優さん達はイケメンが多いですし美女もいますその辺はパニック作品としては
上出来ですけどとにかく他の作品からのパクりが多いですね
当時は少し問題になっていたようです
特にワニが現れる際の音楽は完全に『ジョーズ』ですしねw



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね


ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/4044-0c71d40c