ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
2

【MOVIE】 エリン・ブロコビッチ

エリン・ブロコビッチ
【制作年】2000年
【鑑賞】DVD
【制作国】アメリカ
【上映時間】137分
【原題】ERIN BROCKOVICH
【配給】ソニー・ピクチャーズ
【原作】- - - - -
【監督】スティーヴン・ソダーバーグ
【出演】ジュリア・ロバーツ / アルバート・フィニー / アーロン・エッカート / ピーター・コヨーテ
     マージ・ヘルゲンバーガー / チェリー・ジョーンズ / ヴィエンヌ・コックス


【あらすじ】
3人の子供を抱えて職探しをするエリンは、運悪く車の衝突事故にあってしまう。
ところが、彼女は裁判を担当した法律士事務所に、強引に雇ってもらうことに成
功する。事務所で働き始めたエリンは、ある資料の記録に不審を抱く。

この作品は当時劇場で鑑賞しました。2時間と長い作品でしたがあっという間に感
じられるほど面白かったです。
法廷物ではなくそこに至るまでの主人公達の苦労と原告側の現状がじっくり描か
れています
最後は法廷シーンではなく結果だけ伝えるというところで終わっていました
この作品が何を訴えたいのかというところですね、企業側に関してもほぼ描かれて
いません作品中一度だけ脅迫電話がかかっただけで棲んでいますが実際はもっと
酷い嫌がらせを受けているはずですね、しかしそれらに時間を割かずにほぼエリン
がどれだけ原告側に親身になりエドを含めた弁護士達が採算度外視で原告側の
ために奮闘しているのかそして企業の六価クロムの被害と企業側の嘘を描いてい
ます。
movie_04907.jpg

企業は普通のクロムを使用しており体に害はないと町民に説明しており健康診断
を無料で定期的に受けさせ買収した医者を使って嘘を吹き込む、しかしにもかかわ
らず住人達が六価クロムの影響を受け体調を崩していけば嘘がばれてしまうのに
エドの法律事務所にうまく転がり込んだエリンは資料整理をさせられそこになぜか
土地権利の書類に健康診断書が添付されている資料を沢山発見し疑問に思いま
す。
どうしてもそれが引っかかり自分で調べたいと申し出て本人に会いに行き企業側
の矛盾をしります
movie_04909.jpg

様々な人に会っていくうちに企業側の嘘を見抜き水質を調査してもらった結果
六価クロムが検出されたというわけで全くの素人のエリンがおかしいと気がつくあ
たりは実際どうだったのかわかりませんが素晴らしいです
資料整理を頼まれただ言われたとおり整理するのではなく中身を確認して整理
していたわけですからね時間はかかりますが丁寧な仕事が書類に疑問を感じる
結果になったわけです。
movie_04906.jpg

しかしオープニングでもわかるようにエリン自身は直情型ですぐに感情的になり
口に出してしまう性格で彼女が成功したのもそんな彼女をよく理解しサポートした
ジョージとエドのおかげ、ジョージは3人の子供の面倒を見てエドは突っ走る
エリンをサポートたまには怒りなだめすかしたり、彼女の頑張りには車を与えたり
とエリンが働きやすいようにサポートしてくれていました
movie_04905.jpg

怒るときは感情で動くエリンに実際にかかる費用など人手不足や資金不足であ
ることをぶつけただ彼らを守りたいという思いだけではままならないんだぞと言う
ことを伝えたりします。
それでいて結局エリンが動きやすいように動いてくれるエドはエリンの人となり
を見抜いてうまく制御していたように思えます
さすがエリンが狸親父と慕うわけですw
movie_04908.jpg



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね


ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

宵乃 says..."この二人のコンビ"
だったからこその結果だったんでしょうね。
まっすぐに突き進むエリンと、それを上手くサポートする冷静なエド。いいコンビでした。
あとは子供の面倒を見てくれたエリンの恋人も。彼がいなかったら町の人達にあれほど寄り添うことはできなかったはず!
実際に被害を受けた住人の方々がエキストラとして参加していたというエピソードに、脚色されていたとしてもエリンの本質は伝えてる作品なんだろうなと思えました。

ところで、ねむりねこさんのブログを私のブログのブックマーク欄にリンクさせていただいてもよろしいでしょうか?
2017.07.03 14:58 | URL | #K4YeSyNc [edit]
ねむりねこ says..."宵乃さんコメントありがとうございます"
直情型のエリンと冷静なエドのコンビがはまっていて良かったですよね
2児の母でありながら難解な検案を担当して学がない分足と心で被害者達
の心の信頼を勝ち取っていくというのが好きです
後半キャリアのいけ好かない女性が引き継いだらエリンじゃないと話を
しないという状況になっちゃうのはどれだけエリンが彼らに信頼されてい
たかの証ですよね
またエリンという役はジュリア・ロバーツさんにはまってました
また冷静で温厚なエドをアルバート・フィニーさんが演じていましたが
こちらもはまってましたね~

リンクの件ありがとうございます。実話は近々私の方もリンクのお誘いを
するつもりでした(^^;
2017.07.03 21:18 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/4052-10cc7a3c