ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 ミッドナイト・ミート・トレイン

ミッドナイト・ミート・トレイン
【制作年】2008年
【鑑賞】DVD
【制作国】アメリカ
【上映時間】100分
【原題】THE MIDNIGHT MEAT TRAIN
【配給】アスミック・エース
【原作】クライヴ・バーカー :著 『ミッドナイト・ミート・トレイン』
【監督】北村龍平
【出演】ブラッドリー・クーパー / レスリー・ビブ / ヴィニー・ジョーンズ /トニー・カラン
     ブルック・シールズ / / テッド・ライミ / クイントン・“ランペイジ”・ジャクソン


【あらすじ】
売れないアートフォトグラファーのレオンは、ある日地下鉄の構内でチンピラに
絡まれている女性を助ける。しかし翌朝、助けた女性が行方不明になったこと
を新聞で知る。

この作品はイギリスを代表するホラー作家のクライヴ・バーカーさんの短篇『ミッド
ナイト・ミートトレイン』の映画化です。
バーカーさんと言えばホラーの名作『ヘルレイザー』の原作そして監督としても
有名ですね、今回は制作にたずさわているようです。
この作品の原作は集英社さんより『血の本』シリーズとしてバーカーさんの短篇集
が出ておりますその中の一冊『ミッドナイト・ミートトレイン』の表題作でもありますよ
地下鉄内で起こる殺人事件に不審を持った主人公が深夜の地下鉄に乗り合わせ
殺害現場を目撃してしまいという血湧き肉躍るという表現がぴったりの内容の作
品でしたがこの作品も原作に負けないシーンが結構描写されています。
もともと短篇の物を長編に描き直すわけだけど描かれていない隙間をもっともな
エピソードで埋めてあり元の原作の造形を崩さなかったのは評価できると思いま
す。
movie_05141.jpg

基本的なストーリーにラストが原作通りだったのも嬉しいですね、むしろラストに
関しては変貌した姿を見せてくれるのでよかったよ、この作品はサスペンスでは
なくてホラーなので人間のわりに・・・という部分の解明はラストで判明します。
さほど重要な役ではないけどブルック・シールずさんが出演されているのには
ビックリしました。
movie_05142.jpg

また殺人鬼にはヴィニー・ジョーンズさんが演じていて殺人鬼ではあるけども
のすごい几帳面な性格でその几帳面なところと残虐な殺人を行うというギャップ
がジョーンズさんの無表情の顔とあいまってなんか惹かれるものがありましたね
もともと強面だしイギリスでもハリウッド映画でもどちらかというと強面な役が多
い方ですがマホガニーという殺人鬼のキャラクターにぴったりだったですね
クライヴ・バーカーサンのファンのかたやホラー好きの方には楽しめると思いま
す。
movie_05143.jpg

そういえばなぜか監督さんと音楽のひとは日本人でした。
北村龍平監督と言えば『VERSUS ヴァーサス』など邦画でも一風変わったアプロ
ーチの作品を撮る方ですね、この作品でハリウッドデビューされましたが残念な
がら原作有りの作品なので監督の個性は存分に発揮できなかっただろうけどが
んばってもらいたいですね



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね


ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/4076-b72dfaaf