ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
2

【MOVIE】 飛べ!フェニックス

飛べ!フェニックス
【制作年】1965年
【鑑賞】DVD
【制作国】アメリカ
【上映時間】145分
【原題】THE FLIGHT OF THE PHOENIX
【配給】20世紀フォック
【原作】トレヴァー・ダドリー・スミス:著 『飛べ!フェニックス』
【監督】ロバート・アルドリッチ
【出演】ジェームズ・スチュワート / リチャード・アッテンボロー / ハーディ・クリューガー
     ピーター・フィンチ / アーネスト・ボーグナイン / イアン・バネン


【あらすじ】
アラビア石油会社の輸送機がサハラ砂漠を横断中、砂嵐に遭遇し、不時着す
る。脱出計画をたてたものの、救援を求めることはおぼつかないとあって全員
がいら立ち始めた頃、若い航空技師ドーフマンが双発双胴のこの輸送機を単
発機に改造して飛ばすことを提案。はじめはとり合わなかった皆も、自殺する
ものが出たり、アラブ人の野盗に襲われたりで、一人、二人と仲間が減ってゆ
くと、残された唯一の道は飛行機組立以外にないことを悟る。

『フライト・オブ・フェニックス』のオリジナルになります。60年代の作品だったんです
ね、機長で主人公はジェームズ・スチュワートさん副機長はリチャード・アッテンボ
ローさんになります。
リチャードさんは言わずと知れた『ジュラシック・ワールド』のジョン・ハモンド氏です
ねなるほど確かに見覚えのあるお顔でした
ちなみに他の記事でも書きましたがH14年に90歳でお亡くなりになっています。
movie_05147.jpg

リメイク版でも2時間超えの長い作品でしたがオリジナルのこの作品はさらに長く
145分となっています。
メンバーも軍人がいます大尉と軍曹ですねその陰か分かりませんがリメイク版の
ようにドーフマンが暴走しません、しかしその分各登場人物性格に一癖あって
面白いです。
movie_05146.jpg

先にリメイク版を見ているのですがあのときはドーフマンに超むかついていました
が元々はドーフマンは自分存在意義を盾に威張ってっていう感じではないんです
ね、むしろタウンズの方が情けないと言うかみっともないこちらにムカつきました
自分が威張りたいけどドーフマンの方が仕切るからすねてるんですね
その言動が足を引っ張ってる、ドーフマンを認めて早く歩み寄っていればこんな
もたもたしてないのにって感じです。
しかしオリジナルを見てみるとドーフマンとタウンズの性格の違い以外は完全に
オリジナルをリメイクしてたんだなって感心しました。
リメイクは女性キャラを入れて主人公とのロマンスてきなものを挿入したかった
みたいでしたが今回は男の物語となっています
movie_05145.jpg

実際の事件をモチーフにと言うことでサハラ砂漠に墜落まで同じであとは物語を
膨らませています
実際には乗組員達は飛行機の残骸から離れた場所で死体として見つかったそう
です
飛行機の周りに生活痕があったので結局我慢できずに飛行機から離れてしま
ったようでね、そもそもはその事故を元にトレヴァー・ダドリー・スミス氏が同名
タイトルの小説を書かれ映画化されています。
ラストは水のあるオアシスの町まで何にも襲われることなく無事出発できました
リメイクの方が人物描写がギスギスして無くてよかったです
それもこれも副機長のルーさんがドーフマンとタウンズの間を一生懸命取り持
っていたからですね、正直彼がいなかったらおそらく脱出できずに全滅だった
と思います。
ちなみに日本語吹き替えがありますがTV版の吹き替えのためでしょうか
欠損部分が多くその間は字幕になっています。
movie_05149.jpg



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね


ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

宵乃 says..."TBありがとうございました"
こんにちは。
なるほど、ハモンドさんだとわかって画像を見ると確かに同じ方ですね~。お顔の日焼けがワイルド!

リメイクのドーフマンは威張りくさってたんですか。そういえば私もムカついたような気が…。オリジナルのタウンズさんが早く歩み寄っていれば、というのは私も思いました。やはり酔いどれ副機長がいなければ上手くいかなかったでしょうね。

基になった事故については詳しく知らなかったので参考になりました。現実にこういう状況になったら、どう行動すればいいのかな…。
2017.06.04 11:20 | URL | #K4YeSyNc [edit]
ねむりねこ says..."宵乃さんコメントありがとう"
私も最初副機長さんがリチャード・アッテンボローさんだと気がつかなくて
記事を書くのに調べたらあ~ハモンドさんだって気がついた次第です。
リメイク版のドーフマンは後半まであまり変わらない感じでしたが後半にな
ると自分がいないと飛行機が作れないぞといいだし俺がリーダーだと
宣言し全員にお願いしますといえと傲慢な態度を取るようになるんですよね
タウンズにまで同じ調子でじゃあ完成したらおまえは連れて行かないと言わ
れたらどうするって感じですけどね
逆に考えると完成しまえばもう用済みですからあれだけ嫌われれば放置され
ちゃいますよ
しかしオリジナルのドーフマンは一度だけ自分がリーダーだと言うことを
みんなに宣言しましたがそれは何かと馬が合わないタウンズさんと敵対して
しまい作業が進まないからですね、もちろん副機長の進言でもあります
同じ言葉でも意味合いが違いますから
逆にタウンずさんは最後までドーフマンに懐疑的で反抗的な態度を取り
いいわけが女々しかったのでかなり苛つきました。
実際に同じ状況にあったらどうするのかって考えると水と食料があり日陰
や雨風をしのげる飛行機に残ることを選びますね~
2017.06.04 14:18 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/4079-50c6a1f9