ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【プレイ日記】 THhe Elder Scrolls Ⅴ SKYRIM PS4版 [探訪記 - メインクエスト-10]

game_05782.jpg
【メーカー】ベセスダ・ソフトワークス
【プラットフォーム】プレイステーション4
【メインキャラ】ブレトン族 LV75
【クエスト】世界のノド


ブレイズの二人は嫌われているだろうけど私は大丈夫と高をくくってアーンゲール師
に会いに行きました。
開口一番ドラゴンを撃ち落とすシャウトを知らないかと聞くとおまえがどの立場に着く
のかもしくは誰とたつのか知る必要があると言い出します
ブレイズの名前を出すと突然ぶち切れるアーンゲール師『理解できない物事に首を突
っ込むのが得意だからな、彼らの無謀な傲慢はたかがしれてる!』
また彼らが手伝ってくれたことを伝えると『ブレイズに道具として彼らの目的として利用
されたいか』とご立腹最後には『世界が終わるのならそれでも良い、いったん終わら
せて再生させればいい』なんて暴言も飛び出しましたが
アイナース師が怒ってアーンゲール師を叱責ます・・・といっても竜語なので何を言っ
てるのかさっぱり(--;
game_05783.jpg

アイナース師の叱責で己を回復した彼は自分で決めることではなかったと反省
彼らの長であるパーサーナックス師に聞くことになります。
世界のノドと呼ばれる山の頂に一人で隠匿しているのだとか、しかしそこに行くには
天候をよくしないといけないそのシャウトを教えてくれるというので彼の後について
裏庭へ
game_05784.jpg

アーンゲール師が『晴天の空』というシャウトを教えてくれました。
この教えが彼らの最後の教えになるそうです。
game_05785.jpg

世界のノドまでの道のりは割と長く頻繁に『晴天の空』を使用しないといけません
頂上に着くと『世界のノド』を発見するので次回からは高速移動でいけます。
少し進むとパーサーナックスが降りてきました。
グレイビアードの長がドラゴンだったとは・・・選択肢も出ますがそこは驚かないフ
リをします。
なんだかんだで竜族のマナーに伴い年長者から話すと行って壁にブレスを吐くと
シャウトの文字が・・・シャウトを覚えるとそれはファイアーブレスでした
パーサーナックスに使うと久しぶりに同族と話せてうれしいと・・・
なんかちょっと変ですね、どちらにしても会話の途中に竜語が混ざるので真面目
に聞くと面倒です。
game_05786.jpg

本題のドラゴンレイドを教えてくれと頼むとそんなの知らないと言われてしまいま
す。しらないんかい!
ドラゴンとの会話はヒヤリングが何でもう何を言ってるのかさっぱりですが要する
に自分は知らないけど過去のノルドがアルドウィンを退けたときの映像見ればよ
くね、だってここはノルドの英雄とアルドゥインの最終決戦の地だし
要約するとこんな感じ、星霜の書とやらを持ってきたらみせてやんよ!
持ってるし!
game_05787.jpg

ここで『世界のノド』が完了します。
本来はこのまま星霜の書3巻を集める『エルダーの知識』というメインクエストに
入るのです『ドーンガードクエスト』を真っ先に開始して終了させたので『エルダ
ーの知識』は完了済みなんですよね~
なので持っているを選択すると『エルダーの知識』が開始されすぐに完了します
そして『アルドウィンの災い』がすぐさま開始されます。
左上に出るジャーナルが慌ただしくて笑ってしまいました。



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね



にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ


該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/4116-433e42c1