FC2ブログ

ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
4

【魚舟・獣舟】 著:上田 早夕里

上田 早夕里
出版社:光文社(2009年)
文庫本:書き下ろし・オリジナル
ジャンル:SF・短編集
作者:上田 早夕里


【あらすじ】
現代社会崩壊後、陸地の大半が水没した未来世界。そこに存在する魚舟、獣舟と
呼ばれる異形の生物と人類との関わりを衝撃的に描き、各界で絶賛を浴びた表題
作。寄生茸に体を食い尽くされる奇病が、日本全土を覆おうとしていた。しかも寄生
された生物は、ただ死ぬだけではないのだ。戦慄の展開に息を呑む「くさびらの道」
書下ろし中編を含む全六編を収録する。


ブログ友だちのnanacoさんから紹介されていた上田 早夕里さんの『魚舟・獣舟』
を読みました。
近所の書店で探したけどおいてなかったので取り寄せてもらいました。
日本人のSF小説は初めて読みましたけどおもしろいですね、日本が舞台なだけ
に現実味がわいてきます。
収録されている作品たちは近い未来にこういう未来がやってきそうですよね
また妖怪と近未来が融合した作品もあり楽しめました。
表題作とくさびの道と真朱の街は特にお気に入りです。
作者の上田 早夕里さんの持つ世界観は表題作『魚舟・獣舟』を読んでいただけ
ればよくわかりますね、他の収録作品もその世界観で描かれていることがわか
ると思います。
『くさびらの道』はウィルスパニック作品に近くて映画などでもよく見かけるネタで
はありますけど上田さんの世界観で描かれているので短いながらに人間の心を
描いていますね、ラストではパニック作品の終わり方ではありませんでした。
菌たちが意思を持ってあのようなことをしているのだとすると日本は一気に菌で
覆い尽くされるかもしれませんね~
『饗応』では人工知性体を描いていて始まりは普通のビジネスマンを描いている
ように思えましたが終わってみると人工知性体の心を描いた作品でした。
作られプログラムされた生命体でも心はあると言うことを描いているように思え
ました。
なんだか悲しいお話でしたがこれだけの内容をショートショートで描ききっている
上田さんの才能には脱帽です。
『真朱の街』は妖怪のお話です。百目鬼や様々な妖怪の名前が登場しますよ
でも時代は近未来です。
人間が近代文明に染まっていく課程でいつしか人間は妖怪と変わらない異形と
呼べる存在になっていると妖怪たちは判断しました。
ある一定の垣根を設けて人と妖怪は共存していたけどここにいたって対等に扱う
自分たちと同じと見なすと妖怪たちは判断したわけです。
妖怪が人間に化けて暮らす街・・・この作品を読んでSF&ファンタジー小説家
集団のグループ・SNEさんのライトノベルシリーズ『百鬼夜行』シリーズを思い出
しました。
妖怪も大好きなのでこの短編はシリーズ化してくれないかな~
小鳥の墓は富裕層の町で生活している少年たちの悲哀が描かれていますね、主
人公は最終的に女性だけを狙う殺人鬼になってしまってますが、なぜ彼がそうなっ
てしまったのか、少年たちの心を描いています
どの短編集も最終的に人間を描いているんだなと感じました。

ブログ村に登録しましたもしよろしければクリックしてくださるとうれしいです。
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ


該当の記事は見つかりませんでした。

4 Comments

たんぽぽ says..."独特の世界観"
たまたまですが、以前に読んでいました。
確か、この本の素敵なイラストに惹かれて読んでみたのだったかも。
近未来・・・、どれも実現してほしくはないですけれどね。
高層ビルの群れが崩壊しかけた中で、なぜか一つだけすっくとそびえ立つ東京スカイツリー・・・などという変な想像をしてしまいました。
2012.05.23 20:24 | URL | #- [edit]
nemurineko says..."たんぽぽさんこちらにもコメントありがとう"
私は紹介されて初めて知った作家さんだったので初めて読みました。
どの短編も最終てきには表題作の時代につながっていくんだろうなと感じましたよ
それにしても文章力と構成力は才能を感じますよね、崩壊した町中にたつ
スカイツリー・・・と東京タワー・・・(^^;
2012.05.24 19:17 | URL | #- [edit]
nanaco☆ says..."表紙も好きです"
nemurinekoさん、こんにちは~♪ちょっぴりお久しぶりです^^
ここ最近、PCを開く時間がなくてブログをサボり気味でした(笑)

nemurinekoさんにもこの作品気に入って頂けたようで、すごく嬉しいです!!
きっと今までも沢山のSFを読まれているでしょうから、
他作品と比べてどうかな、、、とちょっと心配だったんです(^^ゞ

どの短編も独特の世界観があるのに、すっとお話に入っていけました。
どれもパニック映画の題材にでもなりそうな展開なのに、不思議と静けさがありますよね。
やっぱりそれはnemurinekoさんの仰る通り、心を描く事に重きを置いているからなんでしょうか。
「真朱の街」シリーズ化したら面白そうですね♪

上田さんの他の作品も面白いものが多いので、機会があったら是非読んでみて下さい!
(個人的には「火星ダーク・バラード」がオススメだったりします)
TB頂いていきま~すヽ(*^^*)ノ
2012.05.26 16:36 | URL | #N6kp4qTg [edit]
nemurineko says..."nanacoさん今晩は"
お忙しいようですね、忙しいときは無理しない方がいいです。
マイペースが一番ですよね、ブログの更新が義務のようになってくるとすぐに
破綻してしまいますから(^^)
SFに関しては古典しか読んでないんですよ、海外作家さんばかりですし
日本のSF小説を読んだのはこの作品が初めてでしたからお薦めいただいて
ありがたかったです(^^)
とにかく上田さんの短編における構成力にはびっくりしました。
短いページでいろいろなメッセージが入ってるし(^^)
来月も上田さんの作品をピックアップしたいと思ってます(^^)
2012.05.26 21:10 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/412-1f933fc7
「魚舟・獣舟」 上田早夕里
魚舟・獣舟 (光文社文庫)上田 早夕里光文社このアイテムの詳細を見る 私にははじめての作家ですが、SF作品ですね。この本は短篇5編+中篇1編。なにやら、この物語性のありそうな...
上田早夕里「魚舟・獣舟」読了しました♪
【魚舟・獣舟】上田早夕里 現代社会崩壊後、陸地の大半が水没した未来世界。そこに存在する魚舟、獣舟と呼ばれる異形の生物と人類との関わりを衝撃的に描き、各界で絶賛を浴び