ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
2

【MOVIE】 シックス・センス

シックス・センス
【制作年】1999年
【鑑賞】DVD
【制作国】イギリス・オーストラリア
【上映時間】107分
【原題】THE SIXTH SENSE
【配給】ポニー・キャニオン
【原作】- - - - -
【監督】M・ナイト・シャマラン
【出演】ブルース・ウィリス / ハーレイ・ジョエル・オスメント / トニ・コレット
     オリヴィア・ウィリアムズ / ドニー・ウォールバーグ / ミーシャ・バートン


【あらすじ】
優秀な小児精神科医マルコムは、ある晩、患者が自宅にやってきて自殺すると
いう事件に見舞われる。ショックから立ち直れないマルコムは、ある日一人の
不思議な少年コールに出会う。彼には“死んだ人間が見える”というのだ。

久しぶりの再見になりますがやはり何度見ても面白いですね、こういう心霊ものは
好きですし個人的に私も霊感は強い方なのでオスメントくん演じるコールくんの
気持ちはよくわかります。
一番印象に残ったのはオープニングですがブルースさんではなく同じく霊が見える
ことでつらい経験をしたヴィンセントを演じたドニー・ウォルバーグさんですね
あれだけの出演でしたが役作りのためにあれだけのダイエットに成功し演じていま
した。
マークさんのお兄さんですが個人的にドニーさんの方が好きです
ドニーさんの方が演技力もありますしね、メインを演じることはないですけどどの作
品でも確かな存在感を見せてくれますから
movie_05185.jpg

さてこの作品は実は死んでいたパターンの先駆けで以後似たような設定のホラーが
今でも大量に制作されています。
おかげでオープニングですでに落ちがネタバレしてるという感じで・・・
当時は劇場で鑑賞しラストのネタばらしでは本当にビックリしたものです
何度も鑑賞するうちにオチがわかっているので確かにそのとおりな演出が見て取
れます。
分かっていて鑑賞するからこそ不自然なシーンがよくわかるわけで初見では
なかなかわかりにくいですよねその辺は監督がうまいとおいます。
また霊が見えて霊が鑑賞してこようとする怖さをコールで存分に演出されています
それをマルコムが必死に理解しようとし救おうとする姿がある意味面白かった
でもコールはマルコムと出会ったことで自分が体験していることが恐いばかりでは
ないことを知るわけですしね
movie_05182.jpg

またこの作品では心霊現象とコールの不可解な行動や言動に悩みを抱きつつ
コールをアイする母親も描いておりそんなお母さんをトニー・コレットさんが
見事に演じていて本編の邪魔にならずになおかつ親子の愛情を描写していました
なのでラスト車での会話は今見ても涙腺が緩みますね~
movie_05183.jpg movie_05181.jpg

さてこの作品でコールを演じたオスメントくんが一躍子役として大ブレイクしました
が・・・まあ残念な結果に(--;
現在でも俳優は続けていますが・・・子役が大成しない理由の一つに両親が
両親がしゃしゃりでてお金のことで口を出してくることがあります
彼もそのパターンだったようですね
ちなみに女の子の幽霊役で子役時代のミーシャ・バートンさんが出演されていま
す。
今だからこそビックリですね
movie_05184.jpg



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね


ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

宵乃 says..."いつか再見したいな~"
と思いつつ、後回しになってる作品です。記憶を削除できるなら、この作品の記憶を消してから再見したい!(笑)
詳細は忘れているものの、コールくんとお母さんの愛情はなんとなく覚えています。
あんな能力があってもコールくんが頑張って行けるのは、お母さんの愛情あってのことでしょうね。
このタイトルをきくと、この作品が効果的に使われている「50回目のファースト・キス」を思い出します。
2017.07.14 07:47 | URL | #K4YeSyNc [edit]
ねむりねこ says..."宵乃さんコメントありがとう"
この作品は劇場で鑑賞しなおかつレンタルでも鑑賞しておりました。結構気に入っ
ており何度も見ていたんですけど今回数年ぶりに再鑑賞しましたよ
まさに知らないで見るのが一番一家もしれませんね~(^^)
心霊現象的な演出も結構ドキッとさせられるものがおおくまたお母さんとの
絆も描かれていて凄く楽しめました。
『20回目のファースト・キス』は私も大好きですよ
アダム・サンドラーさんとドリューさんの2度目の共演ですよね
あの設定をあるドラマがマルパクリしているのには激怒したものです。
原作者も恥を知れと言いたかったですね
2017.07.15 11:09 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/4141-aa091cd2