ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 エアフォース・ワン

エアフォース・ワン
【制作年】1997年
【鑑賞】DVD
【制作国】アメリカ
【上映時間】124分
【原題】AIR FORCE ONE
【配給】ウォルト・デゥズニー・ジャパン
【原作】- - - - -
【監督】ウォルフガング・ペーターゼン
【出演】ハリソン・フォード / ゲイリー・オールドマン / グレン・クローズ
     ウェンディ・クルーソン / リーセル・マシューズ / ウィリアム・H・メイシー


【あらすじ】
アメリカとロシアの協力によってカザフスタンの独裁者ラデクがついに逮捕された
合衆国大統領マーシャルは、モスクワでの会見でテロには決して屈しないことを
宣言し大統領専用機(エアフォース・ワン)で帰途についた。だが、その機内には
ロシアのTVクルーを装っていた6人のテロリストが潜入していた。テロリストのリ
ーダー、コルシュノフは乗客乗員を人質に、アメリカ政府に対し、ラデク釈放を要
求する。政府が決断を迫られる中、辛くも難を逃れた大統領は単身、テロリストた
ちへ戦いを挑もうとしていた!

エアフォースワンがテロリストに乗っ取られクルーと家族を人質にカザフスタンの
独裁者ラデクの釈放を求める、脱出ポッドで脱出したふりをした大統領は
人質となったクルーと家族を救うためにテロリストと飛行機内で戦うという飛んで
も設定の作品です。
設定的にかなり無理があり大統領がテロリストッといかに戦ってしまうと言う
一番やっちゃ駄目なことを映画でやっちゃうそこは映画だから見せられるという
ところですね、ここは突っ込みどころでもあるけどそういうのも見たいという欲求に
はこたえてますよね、やはり注目はテロリストのリーダーを演じたゲーリー・オール
ドマンさんでしょうか相変わらずの悪役達者ぶりでちょっと軽めな内容を彼が
引き締めています。
movie_05202.jpg

しかしながら実際リアリティーが無い設定なのでサスペンス・アクションと言うより
はエンタメな感じがしますけど・・・
エアフォース・ワンで大統領大活躍・・・ホワイトハウスで大統領大奮闘の
『ホワイトハウス・ダウン』この2作品はなんだかおそろいな気がしますね
ゲーリーさんがいつからか悪役をしなくなり丸くなったよい役が多いのはちょっと
物足りませんが・・・
出演者も今では豪華で大統領に同行していた少佐役で最後の方まで奮闘してい
た少佐役にウィリアム・H・メイシーさんが演じていました。
movie_05204.jpg

また大統領不在ホワイトハウスで指揮を執っていた副大統領にグレン・クローズ
さんが、大抵こういう場合副大統領が大統領に取って代わろうと策略をって感じ
ですが今回はなぜか国防長官が・・・大統領がいないんだから私が指揮を執る
そう法律もなってると言って聞きません、あげくには大統領を解任させるために
過半数の署名を集めようとしますが失敗・・・完全に道化でした。
movie_05206.jpg

印象的だったのは大統領の娘アリス・マーシャルで子供ながらにお父さんの仕事
を理解し尊敬し自分も国政を学びたいという意志が感じられるという子でした
演じたリーゼル・マシューズさんも可愛らしくてよく演じていたと思います。
movie_05203.jpg

気になるテロリストがなぜエアフォース・ワンに搭乗できたのか、それはすぐに判
明しますが内部に協力者がいれば確かに可能ですが・・・そもそもエアフォース・
ワンに大統領関係者以外の人間しかもTVクルーが搭乗できるのかって疑問が
・・・まあそこは映画だしと言うことでしょうか?
movie_05205.jpg



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね


ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/4143-3c9daf1d