ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 キャリー [リメイク版]

キャリー
【制作年】2013年
【鑑賞】DVD
【制作国】アメリカ
【上映時間】100分
【原題】CARRIE
【配給】20世紀フォックス
【原作】スティーヴン・キング:著 『キャリー』
【監督】キンバリー・ピアーズ
【出演】クロエ・グレース・モレッツ / ジュリアン・ムーア / ジュディ・グリア
     ポーシャ・ダブルデイ / ガブリエラ・ワイルド / アレックス・ラッセル


【あらすじ】
狂信的クリスチャンの母親から厳しい教育を受け、学校では周囲から疎外されて
いる女子高生キャリー(クロエ・グレース・モレッツ)。彼女は、激しい興奮状態に
陥るとある能力を使うことができるテレキネシスだった。それを誰にも打ち明ける
ことなく、キャリーはつらく寂しい日々を送っていた。そんな中、ひょんなことから
彼女は女生徒たちの憧れの的であるトミーとプロムパーティーに参加することに
喜びに浸るキャリーだが、その裏では彼女への残酷ないたずらが計画されていた。

『キャリー』といえばスティーヴン・キングの処女作さくで、映画オリジナルはジョン
・トラボルタの映画デビュー作でもあります。
今回リメイクされたわけですが原作もオリジナル好きの私としては少々不満の残
る内容でした。
舞台設定が現代化されているのは仕方がないとしてそれ以外はほぼオリジナル
に忠実でした。
しかしながら俳優さん達のビジュアルがイケメン美女だらけキャリーはクロエちゃ
んですし全体的に美しい・・・そこに怖さがないんですよね
movie_05252.jpg

キャリーという作品は狂信家のお母さんに育てられ思春期なのに何も知らないた
めに学校でいじめられ超能力に目覚めながらも人を傷つけたくないまたいじめられ
ながらも周りの人と同じようになりたいと望むキャリーの悲哀と苦悩、それが故の
ラストの悲劇が切ない作品でした。
movie_05254.jpg

原作などはキャリーは何も悪くない!
と思わせるものでしたが・・・リメイク版を見てそれらが感じられなかった。
狂信的な母親という点では流石のジュリアン・ムーアさんで役作りとその演技は
流石でした。
movie_05253.jpg

ただ原作小説はまだ酷いのだけど・・・
決して悪くはないのだけどキャリーを演じたクロエちゃんが結局のところ可愛す
ぎて迫力不足なきがします。
結局どんな格好でも可愛いんですよね(^^;
血まみれになってぶち切れてるところでも怖さよりも可愛さが目立ちます。
オリジナルのシシー・スペイセクの美しさと狂気の狭間の怖さには遠く及ばない
です。
movie_05257.jpg

クロエちゃんは演技的にもビジュアル的にも将来有望な若手女優ですし『キック
アス』の印象がありますが実はホラー&サスペンス作品には多く出演されてい
ます。
子役時代ですけど・・・
ちょっと古めのB級映画など小さい頃から出演されています。
キャリーの醍醐味はやはりラストにありますがぶち切れてからの一連の流れも
なんだか尻つぼみな感じです。
もちろん原作小説もオリジナル映画も好きな私が見ての話なのでそれらを知
らない人たちが見れば違ってきます。
やはり私などは原作やオリジナルと比べてしまうので仕方がありません、オリジ
ナルのデ・パルマ監督の秀逸さが改めて感じ取れてしまいました。
主演のクロエちゃんが順調に成長してることはうれしい限りです。
またいじめグループで改心したスーやくのガブリエラ・ワルドーさんのモデルば
りのプロポーションと美貌は周りの同級生役の子たちが集まった中でも目立ち
まくりです。
まず身長の高さもさることながら股下何センチ?という美脚に目がいきます。
movie_05256.jpg movie_05258.jpg

またいじめの主犯のクリス役のポーシャ・ダブルディーさんは『ビッグママ・ハウス3』
に出演されていましたね
ただ今回の役はいまいちいじめっ子ですが悪くなりきれてない部分が
この作品の良さを引き立てていない気がしました。
憎たらしさがもっとほしかったかな~
movie_05255.jpg movie_05259.jpg



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね


ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/4148-e93b0a0c