ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 ファーゴ

ファーゴ
【制作年】1966年
【鑑賞】DVD
【制作国】アメリカ
【上映時間】98分
【原題】FARGO
【配給】20世紀フォックス
【原作】- - - - -
【監督】ジョエル・コーエン
【出演】フランシス・マクドーマンド / スティーヴ・ブシェミ / ウィリアム・H・メイシー
     ピーター・ストーメア / ハーヴ・プレスネル / ジョン・キャロル・リンチ


【あらすじ】
1987年冬、ミネソタ州。借金返済のため妻の偽装誘拐をでっち上げ、裕福な義父
に身代金を要求することを企てる。ところが、役に立たないふたり組に依頼したこ
とによりに事態は思いも寄らぬ方向へ…。

初めは偽装誘拐でした。ジェリー(ウィリアム・H・メイシー)は自分の妻を誘拐させ
て父親から身代金を取るのが目的でした。
計画は単純かつ簡単のはずだったのにちょっとしたズレが次第に大きくなっていき
取り返しのつかない結果になる、最初のズレは実行犯にやっとったはずの男が
二人になっていたこと、ここから歯車が少しずつ狂っていくのです。
movie_05322.jpg movie_05325.jpg


サスペンス映画ですが有能な刑事や探偵が出てくるわけでもなければ派手なカー
チェイスや格闘シーンがあるわけではないんですよね、主人公は女性の警察署長
ですが妊娠中で身重の状態だったりします
でも頭は良く観察力に優れ弁も立つ、そんな彼女が家庭生活を維持しつつも事件
を捜査していきます。
それが何とも自然だったですね、よるベットで昆虫の生態を見ながら一言
「私寝るわ」の一言とともに電気が消えたり、ラストではやっぱり二人でベットに座
ってる・・・
movie_05323.jpg

実行犯の二人組もなかなか味があって良かった。
スティーヴ・ブシューミがなんだかイカス目撃者などからはおかしな顔呼ばわりされ
ちょっと可愛そうな彼だけど
またピーター・ストーメアさんは悪役俳優といってもよいほど悪役をメインにされて
いる俳優さんなのでよく見かけると思います
悪役というのは演技力が無いと存在感を出せません、なので二人の演技は素晴
らしいです
また彼は実は親日家の方で若い頃東京グローブ座で働いており当時は多少の日
本語が話せたそうです
そしてその頃に知り合った日本女性と結婚し今でも夫婦仲良く暮らしているそうです
映画の中での悪役とのギャップが半端ないですね、実際は悪役とは真逆の素晴ら
しい男性なのです
movie_05324.jpg



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね


ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/4214-3f4525b2