ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 モンキー・シャイン

モンキー・シャイン
【制作年】1988年
【鑑賞】DVD
【制作国】アメリカ
【上映時間】110分
【原題】MONKEY SHINES
【配給】ハピネット
【原作】- - - - -
【監督】ジョージ・A・ロメロ
【出演】ジェイソン・ベギー / ジョン・パンコウ / ケイト・マクニール / スタンリー・トゥッチ
     クリスティーン・フォレスト / ジャニン・ターナー


【あらすじ】
事故で四肢不随となったベギーに贈られた一匹の猿は、ヘルパーとして訓練され
ていただけでなく知能向上の実験のために人間の脳細胞エキスを与えられてい
た。やがてベギーの意識を察知するようになった猿は、ベギーが怒りと憎しみを解
放させた時、彼の代行者として殺人を繰り返すようになる……。

ジョージ・A・ロメロと言えば誰がなんと言おうとゾンビ!ゾンビと言えば彼!この二
つは切っても切り離せない関係です。
そんなロメロ監督もお亡くなりになりさみしくなりますね
その彼がなんとゾンビも出ないホラーでさえもない作品の監督を!良質のサスペン
スで贈るこの作品、監督らしくない作品?そうとは思えない人は確かに死にますが
残酷描写はほとんどありません、と言うよりないそれでいてこの作品は怖いです。
movie_05327.jpg

事故により下半身が麻痺してしまった主人公、事故を起こして恋人は速攻で彼を
手術した天才外科医になびくお母さんは息子を子供のように接する、彼女が雇っ
たメイドは意地悪で陰険で怠け者、そして科学者の親友がつれてきた一匹のメス
ザル、下半身麻痺になってから女難な主人公だったりします
movie_05329.jpg

物語は親友の野望が主人公をも巻き込んだことで、知能の高い猿を作るために人
間の脳を使った遺伝子操作の薬を開発しそれを猿に与えていた。
メスザルは主人公に恋をし嫉妬をし、彼が望む恨みねたみを実行するそれにより
次々と亡くなっていく自分に関係のある人たち、猿はいつしか暴走を始めるんです
がこの猿がとにかく凄い!ドクタードリトルに出てくる動物なんてあまいあまい、よ
くぞ仕込んだ!そういわざる得ないですよ、とにかく猿の動きに注目です。
それだけでも見る価値はあります。
体のいうことが効かない主人公、後半は凄くもどかしいけど緊迫感があり俳優さん
の演技力は凄いと思いました。首しか動かない主人公・・・そして猿にいいようにあ
しらわれていく人間が滑稽で面白かった。
movie_05328.jpg



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね


ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/4217-3e11fa9a