fc2ブログ

ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
2

【MOVIE】 ワルキューレ

ワルキューレ
【制作年】2008年
【鑑賞】DVD
【制作国】アメリカ・ドイツ
【上映時間】120分
【原題】VALKYRIE
【配給】東宝東和
【原作】- - - - -
【監督】ブライアン・シンガー
【出演】トム・クルーズ / ケネス・ブラナー / ビル・ナイ / トム・ウィルキンソン
     カリス・ファン・ハウテン / トーマス・クレッチマン / テレンス・スタンプ


【あらすじ】
第二次世界大戦下のドイツ。戦地で左目を負傷した将校・シュタウフェンベルク大
佐(トム・クルーズ)は、祖国の平和のためにヒトラー暗殺計画を思いつく。過去に
40回以上の暗殺計画をくぐり抜けてきたヒトラー(デヴィッド・バンバー)とその護衛
たちを前に、大佐たちの計画は成功できるのか……。

第二次大戦末期に実際にあったクラウス・フォン・シュタウフェンベルクが先頭にな
って起こしたヒトラー暗殺を描いた実話のお話です。
ただこの史実をアメリカが制作しどうみてもドイツ人に見えない典型的なアメリカ人
のトムさんがシュタウフェンベルクを演じたことで史実なのに何か違和感を感じる
作品になってしまっています。
movie_05480.jpg

内容は史実であるのでクーデターが成功するか失敗するかははっきりしています。
この歴史的事実を知っていても知らなくても楽しめる内容ではありました。
ドイツの俳優さんも出演されては居ますがみんな英語を話されているという点は
ハリウッド制作というのが裏目に出てるなとおもうよ、そういうのを気にしない方は
良いですけどね、DVD鑑賞だったので私は吹き替えにしました。
ヒトラーが掲げた理想と彼が実行した数々の蛮行その狭間で悪までもヒトラーに
浸透するのか彼の行い考えをよしとしないか戦争が敗戦濃厚になってきてから
彼らの行動も次第に固まってきます。
movie_05481.jpg

15度の暗殺計画が発覚しこのワルキューレ作戦が最後の暗殺計画となりました。
そして9ヶ月後敗戦そしてヒトラーの自殺となるわけです。
いずれにしてもナチスの崩壊とヒトラーの死は決定していて早いか遅いかの差だ
ったのです。
しかし早いか遅いかで世界のドイツに対する見方は違ってくるわけで彼らは負け
た後のドイツを思って行動を起こした。
作戦は失敗に終わっているけど今現在のドイツを考えると彼らの行動は間違って
いなかったしその精神が今のドイツを作ったのかもしれないですね、このシュタウ
この作品はこれで面白かったのですがどこかエンターテイメント
してるように思えるんです。
やはり自国で起こったことは自国で描いたほうが良いに決まって
ますね、ただトムさんの演じるシュタウフェンベルクが決して悪いわけではありません
movie_05482.jpg



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね


ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

宵乃 says..."わかりやすい作品で"
戦争ものが苦手(みんな軍服を着ていて見分けにくい)な私でもついていけたのが好感でした。トムさんはドイツ人には見えないですけどね~(笑)
すべてのドイツ人がヒトラーみたいな考えをしているわけじゃない、と子供たちの世代のために命を懸ける彼らの姿に痺れました。演出もなかなかのものだったと思います。
ねむりねこさんの仰るように、ドイツでも同じ題材で作品を作ってほしいですよね。
2017.10.29 07:51 | URL | #K4YeSyNc [edit]
ねむりねこ says..."宵乃さんコメントありがとう"
この作品は戦争物ではありますが戦闘シーンがメインではなくあくまでもクーデターを描いた
作品というところがわかりやすかったですね
登場する軍はドイツ軍だけですし、もう確実のドイツは負けるとわかっている
将校達はドイツ敗戦後を考えて行動する、ドイツ国民ドイツ兵が全員ヒットラーみたいな
人間ではないそれをクーデターが失敗したとは言え世界に示せたというのは大きいですよね

2017.10.29 23:14 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/4357-85774127