FC2ブログ

ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
2

【MOVIE】 サラエボの花

サラエボの花
【制作年】2006年
【鑑賞】DVD
【制作国】ボスニア・ヘルツェゴヴィナ / オーストリア / ドイツ / クロアチア
【上映時間】95分
【原題】GRBAVICA
【配給】アルバトロス
【原作】- - - - -
【監督】ヤスミラ・ジュバニッチ
【出演】ミリャナ・カラノヴィッチ / ルナ・ミヨヴィッチ / レオン・ルチェフ
     ケナン・チャティチ


【あらすじ】
12歳の娘サラ(ルナ・ミヨヴィッチ)とつましく暮らすエスマ(ミリャナ・カラノヴィッチ)
は、修学旅行を楽しみにするサラのため旅費の調達に奔走している。そんな中
戦死者の遺児は修学旅行費が免除されると知ったサラは、戦死したと聞かされ
ていた父親の戦死証明書を学校へ提出するようエスマに提案するが……。

この作品はボスニア紛争を題材にした作品ですが紛争中の時代から数年たった
今を描いています。
主人公のエスマは紛争中収容所でレイプされ続けたうえに出来た一人娘サラに
お父さんのことは内緒で女手一つで育ててきました。
学費は払えるけど修学旅行代を出せない貧乏生活ですがそれでも大切に育て
ています。
そんな親子の愛情をとおして民族紛争の愚かさ戦争後の爪痕を描いています。
紛争が終わった10年たっても民族間同士での格差は残り修学旅行代でも差があ
ります。
movie_06078.jpg

サラは敵にレイプされて出来た子供なうえに父なし子そんな彼女を修学旅行に行
かせるためにレイプにより男性に対するトラウマを抱えているにもかかわらずナイ
トクラブで働いたりするエスマの姿に胸を打たれます。
サラは父親を全く知らずに母に聞いてもごまかされるだけ修学旅行では父親の証
明書を提出すれば修学旅行費が減額される、その証明書を見れば父のことが分
かると言う思いでいっぱいでした。
movie_06080.jpg

しかし・・・彼女の願いは悲劇的にむかえてしまいます
自分の出生の秘密を母から聞いたときのサラのうろたえようは悲しかった。
信じていたものがすべて壊れたサラ頭を丸めて悲しげに修学旅行のバスに乗り
後部座席からエスマににっこり笑って手を振り嫌いだったあの歌を口ずさむ・・・
一見悲しいラストのように思えるけど、サラは強い子ですしエスマの娘に対する愛
情はあの独白でも証明されてます。
彼女たちはきっと新しい人生を送ることでしょう、紛争より10年たった今でも残る
民族紛争の爪痕消えることはないのだろうか
movie_06079.jpg



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね


ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

宵乃 says..."ラストの笑顔が印象に残ってます"
ボスニア紛争の残酷さを、そこで暮らす人々の目線で伝える良作でしたね。
戦場での恐ろしさはどこか現実だという実感が湧かないけれど、こうやって市井の人々の心に残る爪痕は自分にも起こり得ることだと考えさせられます。

>後部座席からエスマににっこり笑って手を振り嫌いだったあの歌を口ずさむ・・・

このシーンが本当に良かったですよね。父親への思いを断ち切って一歩踏み出すサラの姿に希望を持てました。
2018.02.08 07:55 | URL | #K4YeSyNc [edit]
ねむりねこ says..."宵乃さんこちらもコメントありがとう"

ボスニア紛争終結後とはいえ爪痕は簡単に消えないということですね、主人公親子
を通して見事とに描かれていました
彼女たちの境遇は大変でしたが決してくじけることもなく、事実を知ったエスマ
ちゃんも受け入れて新しい未来へ進んでいくラストが印象的でしたね~
2018.02.11 18:06 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/4580-f5c547fa