ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 ミルコのひかり

ミルコのひかり
【制作年】2005年
【鑑賞】DVD
【制作国】イタリア
【上映時間】100分
【原題】ROSSO COME IL CIELO
【配給】アットエンターテイメント
【原作】- - - - -
【監督】クリスティアーノ・ボルトーネ
【出演】ルカ・カプリオッティ / シモーネ・グッリー / アンドレア・グッソーニ
     アレサンドロ・フィオーリ / ミケーレ・イオリオ


【あらすじ】
1971年、イタリアのトスカーナ地方で、10歳のミルコ(ルカ・カプリオッティ)は銃の暴
発により視力を失う。視覚障害者は特殊学校に入るという当時の法律により、彼は
ジェノヴァの全寮制の盲学校に転校する。新生活になじめないミルコは、寮母の娘
フランチェスカ(フランチェスカ・マトゥランツァ)と2人で“音”を集め始める。

この作品はイタリア映画界で活躍する盲目のサウンドデザイナーのミルコ・メンカッ
チさんの子供時代を描いた自伝映画です。
彼が10歳の頃に事故で目が見えなくなりそして一台のテープレコーダーに出会い
秘めた才能を開花させるまでを描いてますよ、この作品を見て人は失うだけではな
くそれとともに何かを得ているんだなって気がしましたたとえ些細なことでも、歴代
の偉人の中でも視力を失っていたり聴覚を失っていたりしている人は多いけどそれ
とともに才能が爆発してますよね、何かを失ったことで悲観して内にこもって生きて
いくとそれこそ無駄になってしまう、自分に何が出来るのかミルコは一台のテープ
レコーダーに出会うことで音に魅せられるのです。
movie_06084.jpg

70年代のイタリアでは障害者に対する法律で健常者とはわけ隔てていました。
視力を無くした子供達は法律で盲学校に入らないといけませんそこで学業を学び
目が見えなくても出来る少ない仕事をこなし成人したら卒業して学校で学んだ仕事
に就かなければ成りません健常者と同じように自由に仕事すら選べなかったので
す。
個性を無くし才能を潰すそれが当時のイタリアの法律でした。
ミルコは最初ふてくされていたけどテープレコーダーを見つけ大好きな映画のこと
を思い出しいろいろな音を拾って編集する楽しさを見つけます。
面白いもので盲目の少年達が集まってもやはりガキ大将がいて威張り意地悪をし
たりするんだよね、休み時間になると外で元気に遊び回るし健常者と何ら代わりが
ないんです。
movie_06083.jpg

ミルコ役の子は別として同級生を演じた子達は本当に目が見えてない子ばかりだ
ったみたい、学芸会に選ばれなかったことでミルコ達はだったら自分たちで何かを
しようと考え寮長の娘のフランチェスカが物語を作りテープレコーダーに物語を作
りました。
物語ラストでは学芸会で披露しますが素晴らしかったですよミルコは16歳まで盲学
校にいたようです。
人の才能というのはどう開花するか分かりませんね、それだけに大人は子供の才
能を潰してはいけないんです。
子供のうちから勉強漬けにしてしまう今の教育は私は間違っていると思う子供の内
は好きに遊ばせ好きなことをさせればその子の本当に才能を見いだせるじゃない
ですか勉強だけでは見失ってしまいます
だからといってゆとり教育を肯定してるわけではないんですけどね親による英才教
育も私には愚かな行為にしか見れない、子供はよく遊びよく喧嘩をすることでいろ
いろなことを知っていくのですからまあいずれにしても子供を育てるというのは凄く
難しいことですね
movie_06085.jpg



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね


ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/4583-bd49a0ca