ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【プレイ日記】 真・三國無双8 [晋・王元姫 第十三章 乱世の終焉]

game_09542.jpg
【メーカー】コウエイテクモゲームス
【プラットフォーム】プレイステーション4
【プレイキャラ】王元姫


【毌丘倹・文欽の撃破】

司馬懿の評価は前に出ることしか出来ない凡愚という毌丘倹が文欽とともに反乱を起
こしました
そもそも大国魏に対し反乱を起こしてどうなるんでしょうね~
過去に董卓打倒に反乱が起きましたがこれは諸侯が集まっての連合軍でした。
二人の戦力で魏にかなうわけもありません、それでも世間に曹魏の不満を知らしめる
ための自己犠牲なのでしょうか?
諸葛誕はそんな評価の低い毌丘倹の反乱が信じられないと言います
このゲームに限ってはこの人人を見る目がないですよね・・・
game_09929.jpg

また司馬昭の軽い言動にムキになる諸葛誕、司馬師に何かあった場合司馬昭があと
を継わけでそれは絶対に嫌だという感じでしょうね
game_09930.jpg

そんな一触即発の二人の前に仮面をかぶった司馬師が現れ自分は大丈夫だとアピ
ールします
自分がお前達を導くから安心しろと言いますがそれで喜ぶのは諸葛誕だけだろう
って感じです。
司馬師に頼らなきゃやっていけないなら曹魏も終わりですよ、しかし司馬師は他の誰
よりも司馬昭を評価していますから自分がいなくなっても大丈夫だと安心はしていると
思います。
game_09931.jpg

さて戦闘では裏切り者を圧倒的な力で倒すことに意味があります。
そんな中で連動任務にも登場し無双キャラでもある文欽の息子の文鴦は敵ながら
目を引く者があったようで鄧𦫿が褒めていました
しかし文虎共々彼は呉に逃げてしまいます。
いずれは司馬昭の部下になりますがそれはまだ少し先の話ですね
game_09932.jpg

賈充は流石こういうことは得意としているだけあり立て続けに曹魏に反乱を起こすこ
の事態に黒幕がいると感じているようです。
司馬昭もそれは心配だと言うことで彼に調査を頼むのでした。
game_09933.jpg

そして司馬師の様態が変わります。
瀕死の司馬師は力を振り絞って後のことを司馬昭に託すのでした。
game_09934.jpg

【段谷攻防】

再び蜀が攻めてきます。諸葛亮亡き蜀は姜維が引っ張っていますが諸葛亮が
劉備の意志を継いで執拗に北伐を敢行したように姜維は諸葛亮の意志を継ぎ
北伐に固執します。
もちろん諸葛亮時代も後期には人材不足に悩まされていましたが諸葛亮の策
でなんとか頑張っていた感じです
姜維時代はさらに人材不足なのに北伐に固執しておりこれが国を疲弊していま

今回は蜀のからの投降者が蜀の現状を話してくれます
特に劉禅は酷い言われようですけどね
今回の防衛戦の指揮は鄧𦫿が行うことになりました。ライバルだと思っている
鐘会は悔しいのでは?
game_09935.jpg

投降してきた武官の話では姜維の北伐の強行姿勢に反発し離反車が増えてい
るそうです
これが結局蜀の命取りにつながりますが・・・
また劉禅は先代の劉備と諸葛亮の意思を全く継気がないと蜀はあの暗愚のせい
で終わってしまうと言っています。
でもあなたのような投降者にも責任はあると思うけれど~
game_09937.jpg

鄧𦫿のサポートを諸葛誕自らが買って出ましたが鐘会からあなたは気が短くてす
ぐにかっとなるから向かないと言われちょっとケンカになりかけますが司馬昭が
柔らかく今回は寿春の防衛に努めてほしいとたのまれ、町の人や将兵に信任
のある諸葛誕がふさわしいと言われ諸葛誕も渋々引き受けるのでした。
game_09936.jpg

この頃の蜀は先ほども書いたように人材不足で無双武将も少ないです
連動任務では夏侯覇の撃破と関銀屏の撃破だけです・・・
反対に晋の無双武将は司馬師以外は勢揃いですので駒が違いますね

【諸葛誕反逆】

結局は諸葛誕は謀反を起こしてしまいました。それにしても城内に兵糧を蓄えたり
呉と密約を結んだり行動が分かりやすかったのかすぐにバレてしまいましたね
こちらには賈充がいたからバレるのも時間の問題だったのかも
しかし何故このタイミングだったのか・・・司馬昭自分が嫌われていることは理解し
てましたがそれこそ魏のために司馬師のために働いていた諸葛誕がという
驚きます。
game_09938.jpg

すぐにバレたからなのか連動任務においても司馬昭有利な展開が多いです
またここでようやく文鴬が司馬昭に降りました
諸葛誕は策にはまり文欽から裏切られたと想い処罰してしまいます
それを知った文鴬と文虎は諸葛誕のために戦う意味が無くなりむしろ諸葛誕は
敵になってしまいました。
二人を倒すことで父の敵を討つために二人は司馬昭に投降します。
game_09940.jpg

最後は寿春で諸葛誕を倒せばクリアになりますがその後のイベントで司馬昭は
何故裏切ったのかを問いただしました。
魏に忠を尽くしてきたお前が何故裏切ったと問いただすと、何をしらばくれると
諸葛誕に反乱の疑いを掛けて密偵に探らせたのはお前ではないかと
いうのです。
当然司馬昭には何のことかわかりません、兄上や父上に曹丕殿に曹操殿が目
指したのはやり方は違えどもただ一つ乱世の収束その志を見失ったら彼らに
どやされてしまうそういうと諸葛誕は我に返り自分が間違っていたのだなと
反省しどうか部下達には責がない反乱を起こした罪は自分が受けると司馬昭に
頼むのでした。
最後に誰が嘘をの情報を流したのかと聞くと・・・自分は陛下に欺されていたの
だなと告白・・・
そうこれまで反乱を嗾けていたのはなんと帝だったのです。
game_09941.jpg
game_09942.jpg

【皇帝蜂起】
衝撃の事実を知った司馬昭はここに来て曹魏を滅ぼし自分が新しい国を作る
ことを決意するのでした
何のことは曹魏をおこした曹一族が自らの手で曹魏に引導を渡してしまったわ
けですね、これは司馬師が董卓と同じように傀儡の帝をたて意のままに振る舞
った結果、結局自分が火種をまき司馬昭の代で発火したと言うわけですね
このゲームだけを見ると司馬師の行いは間違っていたように思えますね~
game_09945.jpg

【成都攻略】

いよいよ曹操の時代からの宿敵である蜀と決着が付きます。
演義では鄧𦫿があり得ない崖を兵を引き連れて登ることに成功し姜維も予測出
来なかった成都に直接乗り込み勝利をもたらしたらしいです。
これも横山光輝版の漫画の情報ですけど・・・
しかしながら連動任務を含めてまともに戦って勝利しています。
やはり蜀の人材不足と無理な北伐のためまた山岳地帯という難所であるが故に
国庫が疲弊し国の体力が持たなかったというところでしょうか・・・
最後は成都に乗り込み劉禅を倒せばクリアになります。
これにて晋ルートの最終章は終了し王元姫の個別エンディングになります
とはいえエンディング以外はおそらく晋の武将達と共通なんでしょうねきっと・・・
game_09946.jpg

新しい国を作ったことで周りの人たちはよそよそしくなる、そんな中でいつ戻りな
王元姫の存在に彼は救われているそんな感じのエンディングでした
そういう意味ではやはり司馬昭と一心同体といった感じの王元姫の章でしたね
game_09947.jpg
game_09948.jpg




ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね


にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ


該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/4649-45f6177b