FC2ブログ

ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 ECHO エコー

ECHO エコー
【制作年】2006年
【鑑賞】DVD
【制作国】フランス
【上映時間】87分
【原題】ECOUTE LE TEMPS
【配給】CCRE
【原作】- - - - -
【監督】アランテ・カヴァイテ
【出演】エミリー・ドゥケンヌ / リュドミラ・ミカエル / マチュー・ドゥミ / ジャック・スピエセル
     エチエンヌ・シコ / エヴァ・イオネスコ / ナディア・バランタン


【あらすじ】
何者かに母を殺されたシャルロットは、殺害現場の実家を訪れる。悲しみに臥せてい
た彼女は、突然不可思議な音を耳にする。それは紛れもなく“母が生きていた時の
音”だった。

母親が何者かに殺されたことで実家に戻った主人公シャルロットはそこで母親が
魔女と言われいやがられていたことを知ります
TVでよくお目にかかる霊能者の霊視のようなものができその能力で村人たちの
相談に乗ったりしていた反面男にだらしなく誰とでも寝ると陰口をされたりしてい
ます。
そんな母親だったために実家に戻ってきたシャルロットを誰も歓迎してくれずむし
ろ疎まれてしまいます。
動物の声や音を録音する音響の仕事をしているシャルロットはある日実家のきし
む音を録音しようとします。
しかしそのマイクが拾った音は・・・・なぜか母親の生活音だった。
movie_06167.jpg

母親を殺した犯人もまだ捕まっていない状況で彼女はマイクを向けた場所により
聞こえる音や声も違っていることに気がつきます
数ミリの差で聞こえる音の時間も変わってくるので彼女は糸をはりマイクを向け
日付と時間を割り出して母が死んだ日と時間を探すのでした。
そうすることで犯行時の音と声を拾うことで犯人が分かるかもしれないと思った
のです。
この心霊現象を使って母親を殺した犯人を捜すというオカルトミステリー的な設
定はなかなか面白かったです。
movie_06168.jpg

犯人捜しがメインの作品なので幽霊が出たり猟奇的な殺人があるわけではない
のでホラー的怖さはないのでその辺の期待はしないでくださいね、個人的には
地味な作品だけど面白くみれました
シャルロットを演じた女優さんはたまに吉本新喜劇の珠代に見えるときがあるけ
ど・・・
犯人は多分そうだと思ったというかたです。
登場したときから怪しさ全快でした。
ただ動機という部分が・・・オープニングは思ったよりも重要なのでしっかりみて
おいてください



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね


ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/4673-0e522da2