ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 LIVE! ライブ

LIVE! ライブ
【制作年】2007年
【鑑賞】DVD
【制作国】アメリカ
【上映時間】98分
【原題】LIVE!
【配給】アットエンターテイメント
【原作】- - - - -
【監督】ビル・グッテンダグ
【出演】エヴァ・メンデス / デヴィッド・クラムホルツ / ケイティ・キャシディ
     ジェフリー・ディーン・モーガン / ミッシー・パイル / ロブ・ブラウン


【あらすじ】
大手TV局役員のケイティは、参加者が高額賞金を目指して命懸けのゲームを展開
する生放送番組‘ロシアン・ルーレット’を企画する。ゲームが進むにつれ、視聴率は
上昇していくが…。

この作品はTV業界または視聴者達が視聴率に毒され制御不能になったらここま
で無秩序になるという警鐘を描いた作品のようにお思えます。
この作品ではライバル放送局に負けないために行き着いた先がTVでの公開ロ
シアンルーレットでした。
これはTVだから実際は実弾ではないと思われましたが本物のロシアンルーレット
で6人中一人は確実にしにまたその姿を放送してしまうわけです。
こんな番組が制作されてしまい放送されてしまうという事実主人公のプロデュー
サー(エヴァ・メンデス)の戦略通りに事が運ばれてしまいます。
生き残った人たち一人一人に莫大な賞金が払われるわけですが死んだ人にはな
にもない遺族にも何の保証もないわけでドキュメンタリー・ゲームと称しても結局
のところ公開処刑なのです。
どう言い含められて放送局・議会などが承認したのか・・・
実際放送され一人づつ進むにつれ視聴率が上がっていき最終的には50%ごえを
し喜びますが、やはり全員助かるわけもなく犠牲者が出てしまう、そのときあっけ
にとられるも泣き崩れる恋人をよそにスタンディングオーベーション・・・ここに狂っ
た世界が誕生してしまいます。
movie_062448.jpg

人が死ぬ姿を見て主人公は後悔の念に囚われるもこうなることは明白だったわ
けで何を今更という感じで彼女に悲劇が起こります。
この公開処刑番組はその後年に一回開催されるというお化け番組に、過激によ
りスリリングな番組制作が異様な世界を作り上げてしまう実は主演がエヴァ・メン
デスさんと言うことで借りたのですがなんかリアルな感じがして不快感と怖さが残
る作品でした
実際に放送されるシーンまでがとても長く制作されるまでの課程と放送されてか
らのギャップはありすぎますね、後半までちょっと単調だったのが残念です。



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね


ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/4749-bda31a57