FC2ブログ

ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 アウトポスト BLACK SUN

アウトポスト BLACK SUN
【制作年】2012年
【鑑賞】DVD
【制作国】イギリス
【上映時間】101分
【原題】OUTPOST: BLACK SUN
【配給】インターフィルム
【原作】- - - - -
【監督】スティーヴ・バーカー
【出演】リチャード・コイル / クライヴ・ラッセル / キャサリン・ステッドマン
     マイケル・バーン / ジュリアン・ワダム


【あらすじ】
第二次世界大戦終盤、科学者・クラウゼナーは不死身のナチ軍の開発を進めていた。
そして近未来、東欧に配備されたNATO機動部隊の前に、ナチ突撃隊員群ゾンビが現
れ…

近年ナチスドイツを扱ったオカルトホラーやゾンビ映画が多いですね、やはりヒット
ラーがオカルトにはまり戦争に利用しようと研究していたことが影響してるんでしょ
うね、それがらみの作品が多いです。
この作品も兵士達を蘇らせて不死身の部隊で世界に・・・というもとナチスの科学
者がある装置を起動させる内容です
それにより動き出した死んだはずのナチス部隊がNATO軍に襲いかかることに
主人公はただ祖父を殺したナチス将校を恨み世界中に逃げている戦犯を探し出し
復讐するのが目的で最後に残ったのが装置を開発した人物でした。
また別のもくろみを持った科学者と行動をともにしてNATO軍の機動歩兵の人たち
とともに装置があるとされる基地に向かいます。
ゾンビ兵士ではありますが不死身の兵士という形で無作為に人を襲ってお食事し
たり襲われたものがゾンビになったりはしません、機械によって動いているようです。
EMP弾を使えばその後殺せるようになりますが、装置を止めれば全ゾンビ部隊が
動きを止めます。
第一の目的がそれでした。
movie_062449.jpg

ゾンビ映画の醍醐味というぶぶんではそういうシーンはないけど個人的になかな
か面白かったです。
銃撃戦になると火線がCGで表現されていてゾンビ達の演技もうまかったので面白
かったです。
映像的には細かく描写されていたと感じました。
戦争も終わり何十年もたっているのに死に損ないになってもナチス戦犯達のくだら
ない野望には辟易しますね、ゾンビ軍団でなにを・・・ラストは途中で終わっちゃいま
す。
続きが気になりますね、調べるとイギリスでは続編があるようなのでこちらでもレン
タルしてほしいところです。
期待してなかったぶん面白かったので嬉しいですね
movie_062450.jpg



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね


ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/4750-8d938a27