FC2ブログ

ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
2

【MOVIE】アントマン

movie_06589.jpg
【制作年】2015年
【鑑賞】DVD
【制作国】アメリカ
【上映時間】117分
【原題】ANT-MAN

【配給】ウォルト・ディズニー・ジャパン
【原作】マーベル・コミック
【監督】ペイトン・リード

【出演】ポール・ラッド / マイケル・ダグラス / エヴァンジェリン・リリー
     コリー・ストール / ボビー・カナヴェイル / マイケル・ペーニャ


【あらすじ】
仕事や人間関係がうまくいかず、頑張ろうとすればするほど空回りしてしまうスコッ
ト・ラング(ポール・ラッド)。別れた妻が引き取った娘の養育費も用意することが
できず、人生の崖っぷちに立たされた彼のもとにある仕事が舞い込んでくる。それは
肉体をわずか1.5センチに縮小できる特殊なスーツをまとい、正義の味方アントマン
になるというものだった。スーツを着用した彼は、ヒーローとして活躍するために過
酷なトレーニングを重ねていくが……。


この作品も『ブラックパンサー』どうよう『キャプテン・アメリカ シヴィルウォー』
似て初登場のアントマンになります。
体の大きさを変えられるスーツを着たちょっと悪なおじさんがヒーローになります。
1作目ということで時系列で言うと『アベンジャーズ』の後の話になります
ぞくにいうフェーズ2の作品に当たります
その能力からもコミカルな内容になっていて面白かったです
ピム博士が元シールドの博士でありスーツを着て戦うエージェントでもあったことが
判明します
movie_06596.jpg

見る順番が逆でしたが先にエンドゲームを見ていたのでピム博士がスタークと仲が悪い
理由も元同僚でありながら確執があったからとわかりました
ピム博士はなかなかの人格破綻者ですね・・・
そのために娘のホープとも仲が悪いです。
movie_06597.jpg
またホープとピム博士の親子関係から主人公ラングの家族関係なども描かれています。
残念なてんはヒロインのホープを内田有紀さんラングの友人をブラマヨ小杉さんが
吹き替えていてもう少し演技がどうかならなかったのかという点ですね・・・



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってくださ
い ましたらポチッとお願いしますね
ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

宵乃 says..."コミカルでなかなか楽しめた作品"
アベンジャーズとか色々ありすぎてもうついていけないですが、ヒーローそれぞれの背景を描いたこういう作品はたまに見てます。
これもなんとなく地上波初放送で観たんだったかな。主人公以外の登場人物は思い出せません…。
蟻さんが可愛いし主人公と仲良しで微笑ましかったですよね~(笑)
2019.10.24 08:45 | URL | #K4YeSyNc [edit]
ねむりねこ says..."宵乃さんコメントありがとう"
アベンジャーズはインフィニティー・ウォーからの参戦ですね、その前の【シビル・ウォー キャプテン・アメリカ】
が初登場になりますが
アメコミのヒーローも多すぎてよくわかりませんね、映画化されないと知り得ません
アントマンの演じるポール・ラッドさんがはまり役ですよね
作風もコミカルで見やすかったです。
なにげに親子の絆も描いてるし、アリを操れるのがいいですよね
2019.10.24 23:30 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/5458-b43a6785