FC2ブログ

ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【NOVEL】 生首に聞いてみろ [著]法月綸太郎

生首に聞いてみろ
【著者】法月綸太郎
【出版社】角川書店
【初版】2007年
【形態】文庫
【シリーズ】
法月綸太郎シリーズ
【ジャンル】ミステリー


【あらすじ】
首を切り取られた石膏像が、殺人を予告する―著名な彫刻家・川島伊作が病死した。
彼が倒れる直前に完成させた、娘の江知佳をモデルにした石膏像の首が切り取られ
持ち去られてしまう。悪質ないたずらなのか、それとも江知佳への殺人予告か。
三転四転する謎に迫る名探偵・法月綸太郎の推理の行方は―!?幾重にも絡んだ悲劇
の幕が、いま、開く。

このミステリーがすごいで大賞を取った作品ですね、当時は法月綸太郎初読みの作品
でした
今回は文庫を読みましたが最初から最後まで全く何一つ思い出さなかったので
一度読んでいるはずなのに初めて読んだように新鮮に楽しめました・・・
これは良いことなのか?
トリックも犯人も全然思い出さなかったので本当に読んだっけ?
という気分になりました
買ったし読んだのは覚えているのに中身を全く覚えていないという・・・年齢?
そんなこんなである有名な彫刻家が娘をモデルにした連作の最後の作品にて
彫刻家の病死のあとに彫刻の首が切断されなくなってしまいモデルになった娘を心配す
る叔父は友人の探偵兼ミステリー作家の法月綸太郎に捜査を依頼します
彫刻の首だけで二転三転する事実に最後の落ちは見事でした
さすがにこのミスで1位になった作品ですね
綸太郎が救えたかもしれない命にショックを受けるさまも良かったです。


ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へにほんブログ村 小説ブログへ
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/5671-0ab6fee7