FC2ブログ

ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
2

【NOVEL】 夜光怪人 [著] 横溝正史

夜光怪人
【著者】横溝正史
【出版社】角川文庫
【初版】1978年
【形態】文庫
【シリーズ】金田一耕助シリーズ
【ジャンル】ミステリー


【あらすじ】
つば広の帽子にダブダブのマントを着込み、表情のない顔をした怪盗・夜光怪人
は、全身からホタル火のような妖しい光を放っていた。その怪盗は、七色の真珠
の首飾り『人魚の涙』を強奪すると、次に元伯爵・小宮春彦氏秘蔵のダイヤの
首飾りに狙いをつけた。古宮氏の依頼で警備にあたった新日報社の三津木俊助
記者だったが、夜光怪人に裏をかかれて失敗。そして、ついに金田一耕助が事件
の解決に乗り出したのである…

角川さんから出版されている『夜光怪人』を読みました。
ページ数は少なく3作品収録されています
表題作の夜光怪人は中編で残りに2編は短編になります。2編の短編はすごく短い
ですね、夜光怪人はその名の通りのすごく目立つ怪人で世間的にもすぐ話題になり
その姿からも目立つのですぐ見つかります
しかし怪人もそのことはわかっていていろいろ対策していますね
目立つこととで夜光怪人だと認識させる捜査の目はそちらに目が行くという感じで
すね
金田一作品ですが登場は遅く出てきてからも描写的に違和感を感じてましたが
調べてみると元々は由利先生のシリーズだったようで単行本化の際に
金田一に変更していたようです
後半は極門島にたちよるシーンもありなじみの登場人物も出てきて思わず
にんまりします。
残り2編もかなり短い短編ですのでトリックなどもわかりやすくなっており
それはそれで面白かったです
また夜光怪人を検索したら江戸川乱歩さんの『蛍光人間』もでてきて興味を引か
れました。



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください ましたらポチッとお願いしますね
にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へにほんブログ村 小説ブログへ
該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

江保場狂壱 says...""
 夜光怪人は読んだことがあります。
 横溝正史の少年物は大抵由利先生が出てきますが、金田一耕助はぽっと出のように思えました。
 三津木俊介と探偵小僧がコンビを組むほうが多いですね。
 
 昭和年代なので若干突っ込みどころが多いですが、当時の空気を感じられました。ではまた。
2021.02.15 18:51 | URL | #- [edit]
ねむりねこ says..."江保場狂壱さんコメントありがとう"
夜光怪人は全然金田一も出てこないし三津木俊介とか由利先生の時に
出ていたようなスピンオフ?
という感じで読んでいたら終盤で金田一が出てきました
でもなんか違和感があったらから調べたら元々由利先生の作品なのに
単行本化の時に金田一に差し替えたそうでそれでなんかおかしかった
わけだとな得しました
2021.02.16 20:21 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/6163-c850198a