fc2ブログ

ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 妖怪百物語

movie_066667419.jpg
【制作年】1968年
【鑑賞】DVD
【制作国】日本
【上映時間】79分
【配給】角川映画
【原作】- - - - -
【監督】 安田公義
【出演】 藤巻潤 / 高田美和 / 平泉征 / 坪内ミキ子
     林家正蔵 / 五味龍太郎


【あらすじ】
江戸時代、長屋と神社を取り壊そうと画策する豪商と寺社奉行の悪巧み阻止のため
住人が怪談の会“百物語”を催す。そこから妖怪たちが出現してさまざまな怪異を起
こしていく。

1968年制作の妖怪物ホラー映画ですね、大映の妖怪シリーズの第一弾だそうです
CGなどのない時代なので妖怪達が手作り感満載で怖いよりも可愛い感じです
時代背景は江戸時代と言うことで内容的にはほぼ時代劇という感じです
悪い豪商と悪代官が組んで長屋と神社を壊そうとします
そのやり方はあくどく反対する者を殺してしまったりし、長屋の持ち主も豪商に
借金をしていたために仕方なく了承していましたが
長屋の浪人がどこからかお金を工面してきて渡してくれ借金を返済に行きますが
豪商によって殺されてしまう
凄腕の浪人がここで立ち上がるという感じでほぼベタな時代劇な感じです
オープニングで長屋の人たちがなぜか百物語を楽しんでおり
movie_066667420.jpg

中盤では豪商が代官に接待している中で噺家に百物語をさせていました
最後の話の後に厄除けのために清めないといけないのですが豪商は出席者達に
お金を渡してこれが清めの品ですといってしまいます
話かはそれではダメだというが聞き入れず・・・
百物語時代はこの2つのシーンだけです
蝋燭が足りないとか一人で百話じゃないとかいう突っ込みは野暮かもしれません
怪現象も起きますが基本ベースは『おいてけぼり』になっています
水木しげるデザインの妖怪達も登場します
唐傘お化けはなんか可愛いです
movie_066667421.jpg

ラストの百鬼夜行は良かったですね~
しっかり時代劇の俳優さん達が多く関わっているスタッフも時代劇畑らしく
しっかりた作りになっていて面白かったです。



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってくださ
い ましたらポチッとお願いしますね
 ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/7202-21a064a6